アクマゲーム 142話 悠季のミステイク

公開日: 

中盤を過ぎて照朝による突然の【る】返し。
眞鍋悠季、どうさばく!?

スポンサードリンク

島津
「やばい!!
【る】だ!!」

潜夜
「あるよね、ゆっきー・・・!?
さらなる【る】返し!!」

毛利
「おそらくある・・
問題はむしろ・・
僕たちが答えられるかどうか・・!!」

悠季の絵

潜夜
「ビーカー・・科学・・」

島津
「包丁・・・
刺したのか!?」

毛利
「出血・・?
光ってる・・」

潜夜、ひらめいた!
「ルミノール!!」

正解!

金田一少年で仕込んだ知識らしい。
(科学捜査で使う)

照朝
(眞鍋・・・
まだ【る】で返して来るか・・!!
眞鍋にも迷いと動揺を生じさせなければオレに勝ち目はない。!
その為にはこの【る】攻めを返し切ることが必要・・!!)


「来るぞ!
照朝の最後の攻撃・・・
必ず成功させるんだ!」

そして、照朝の絵・・

照朝の絵


「あ・・やばい・・!」

伊達
「人だ!!」


「ルジャンドル!!」

正解!

フランスの数学者。
グラフで分かったらしい。
(ルジャンドル変換)

照朝は胸をなでおろす。

悠季ターン。

悠季の絵

これは誰も答えられない。

悠季
(ダメか・・・!!
もうマニアックな言葉しか残っていない・・!)

ここで悠季
「コール変更!!」

悠季の絵

初「エジプト・・・?
首都は確かカイロ・・」

悠季
「もう待てない・・・!
心臓がもたないよ・・!
【る】で返すのは諦めないと・・・」

毛利
「ルクソール!!」

正解!

すごい!

エジプトの都市。
ルクソール神殿もある。

照朝ターン
「どこまでも付き合うぞ・・!!
追う側の俺はもう・・・腹をくくっている!」

悠季、恐怖
(もう・・・返さないで・・!」

照朝の絵


「また人だ!!
今度は顔もない!」


「それはいい・・・
どうせヒントにならん。
万年筆・・作家か?」

伊達
「にんじん・・・ぶどう・・?
あ・・・
ルナール!」

正解!

フランスの作家。
にんじんが代表作。

悠季ターン。

悠季
(開始前の自分の甘さを痛感する・・!
いや、後悔している時間はない・・!!」

悠季の絵

潜夜
「・・・フランスの・・・
どっかの地名なんだろうけど・・・」

毛利「・・・」

島津「わからん!!」

スポンサードリンク

ここで悠季
「コール変更!!」

悠季、痛恨のミス犯す。

毛利
「!それはだめだ!!」

潜夜
「ルビ!」

悠季の絵

ボードに文字を入れるのはマイナス30秒。

ここで悠季チーム、残り1:25:92
(織田チームは1:35:28)


「焦ったな・・!!」


「【る】攻めも切れたわ!
チャンスね!」

悠季と照朝

悠季と照朝

そしてここで、悠季チーム、タイムUP!!

セルヴォ
「眞鍋様タイムアップ!!
よってしりとりドローイング・・・
勝者・織田様!!」

照朝、渾身のガッツポーズ!
「っしゃあー!!」

照朝チームSP

なかなかの好ゲームだったが・・
悠季の文字記入のミスが大きかった。

戻った悠季
「みなさん・・・ごめんなさい!
大見得切っておきながら・・・!!」

潜夜
「いやいや~謝るのはこっちだよ・・」

毛利
「悠季さんは素晴らしかった。」

島津
「ナイスファイト!!」

そして照朝の帰還。

照朝、手を挙げて満面の笑みで
「みんな・・・!
やったな!」

みんなも手を挙げて迎える。

勝利のハイタッチ・・・・かと思いきや

チーム照朝

–142話ここまで

○感想

負けた悠季がねぎらいの言葉をかけられて、勝った照朝がみんなに叩かれて・・・

でもま、仕方ないですね。

この戦い、ホント、面白かった。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑