バトルスタディーズ 39話 1回表-狩野のミス

公開日: 

–格下相手にノーアウト満塁のピンチ。阿比留、しのげるか。–

スポンサードリンク

狩野
(まあ、緊張もするわな・・
初めての公式戦やし、多少フワフワするのもしゃあないか。)

狩野

相手の野次が勢いを増す。
「おい、みろ、ごっつこっち見てるやん。」
「早よ降りろ!ガチのエース出て来い!」
「野次でつぶせるタイプやな。あのチンピラ。」

阿比留
「外で会うたら1200発どついたんのに・・・
こんなカスになめられて・・・情けない!!
ざこの言葉に貸す耳はない。
結果出さな檜に”1”奪われる。
それだけはゴメンや・・・」

狩野
「ピンチやけど、打者はタイミング合うてない。
お前の得意球で決めてみぃ、阿比留。」


(シャクってきそうやなこのバッター。)

花本
(阿比留、低めやぞ。ゴロやったらなんとかできるから。)

相手打者西郷
(・・い・・威圧感エグい。こいつ、2軍ちゃうんか・・)

阿比留の投球。

西郷
(速っ!こんなもん打てるか~!
ボールが鉛に見える。
ヤマ勘一発!)

ジャストミート!

ゴロだがサードへの強い当たり!

南、届くかどうかギリギリだ。

阿比留
「頼む、南!」


(俺を誰やと思とんねん。
アオらせたら世界一やど。)

南

狩野
「南、4つ(バックホーム)や!!」


「ゴメス!」

狩野痛恨のミス!走者と狩野が完全にカブっている!

南の送球は、ランナーに当たり、1点。

その後は楽に抑えた阿比留。
(こんなヤツらに・・・)

スポンサードリンク

ロードの途中で様子を見に来た金川
「ん?まだ1回・・・
はぁ?阿比留もう1点取られたんか?あのカス・・・」

ブルペンの檜の様子を見に行く狩野。

狩野
「どや檜?」


「絶好調や。・・何や、バタついてんな。」

狩野
「あの1点は俺の責任や・・・
阿比留もフワフワしてるし・・・」


「・・・阿比留の気持ちもわからんでもない。
公式戦やし、そりゃ緊張もするわな・・・」

檜の感じがいつもと違う。

狩野
(檜・・・お前・・)


「打って流れ変えろ、スーパールーキー」

檜と狩野

–39話ここまで

○感想

アオリンピック、役に立ってるじゃないですか!

さすが、絶対王者南。

美しいアオリでしたね。

1点はともかく、DLの怒涛の攻撃が始まりそうじゃないですか。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑