バトルスタディーズ 40話 テクノボーイ

公開日: 

一回表が終わり、マウンドでは愛才のピッチャーが投球練習している。

スポンサードリンク

ブルペンでは檜と狩野が話している。


「今日の阿比留は紅白の時の俺状態や。だから気持ちはよおわかる。」

狩野
「成長したやんけ、レペゼン京都。
何の心境の変化や。」

檜

阿比留はブルペンで檜と狩野が話している内容が気になる様子。

(あいつら、俺の文句言うてんやろな・・・)

狩野と檜

(あいつらグルか・・どんだけ仲いいねん。)

そんな阿比留にベンチ裏で話をしようと狩野が声をかける。

今日、阿比留の球が浮き気味なのは肩が開いているからで、気持ちクロス気味に踏み込んでみたらどうかと提案。

阿比留と狩野

狩野
「ほんでなあ、今ブルペンで見て来たけど、今日の檜は球がキレッキレや。
もし阿比留が崩れても檜がおるから安心せえ。」

狩野は阿比留の闘争心に火をつけたいらしい。

名付けて”アホ点火作戦”

阿比留

狩野
「よっしゃ、どついたるわ。」

阿比留
「いや・・もっと精神的な苦痛が欲しい。
俺のポリシーをちぎってくれ。」

スポンサードリンク

投球練習が終わり、いよいよ、DLの攻撃開始。

1番は2年の信楽弟。

相手のピッチャーは中学の時同じチームの先輩だったらしい。

ヘナチョコだというが・・・

愛才ピッチャー

1球目は変化球でボール。

くねくねしたフォームで打ちにくそうである。

2球目、信楽弟の予想通り、外角の真っすぐ。甘めに来た。

(もらった。絶好球!)

しかし、ショートフライ。

2番花本
(阿比留もあんなやし、俺たち野手が助けたらな・・・)

初球、甘い球が来た。

花本
(いただきます)

しかし同じく内野フライ。

3番も同様。

スリーアウトチェンジ

守備につく花本に毛利が声をかける。

「花本!気にすんな。あんなヘボ投手、次は打てるやろ。」

花本
(完璧に捕らえたと思ったのに・・・何でやろ・・・)

一方、相手チームのベンチは活気づいている。

「っしゃー!いけるぞ!
何が強豪じゃ。下剋上や!」

しかし、阿比留が登場すると

「おい、見ろ・・・モミアゲが・・・」
「何や?どないした?」
「ああ・・エグい・・・」

狩野
「阿比留!気分はどーや!」

阿比留

–40話ここまで

○感想

阿比留はちぎってくれ、としか言ってないはずですが・・。

テクノカットとは、エグいですな。

それより、花本が感じている違和感が気になります。

1から3番まで全員内野フライとは、何か秘密があるのでしょうか。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑