バトルスタディーズ 46話 スリータイムス・ヘッチマン

公開日: 

毛利、生存をかけた大激走!
その結果は!?

スポンサードリンク

毛利

毛利
「良かった、助かった。命長らえた・・・」

当の金川と藤巻は笑いが止まらない。

DLベンチは盛り上がってきた!

朝日出コーチ、選手に向かって
「あれでええねん。
かっこええやんけ。
誰かの特大ファールよりよっぽど価値がある。
お前ら頭のどっかで格下相手と思って試合してるやろ。
ガゼルのガキをライオンが狩るときスキップして追うか?
どんな獲物も全力で仕留めにかかるやろ。
過去の経歴とかDLのブランドにしがみついてんちゃうぞ。
がむしゃらにやれや。
今のお前らは先輩の威を借りてる下の下のやつらや。
さっきの毛利みたいに、何が何でもっちゅう姿勢があれば、相手も焦ってミスも出るし、流れだって引き寄せられんねん。

朝日出コーチ

勝つことはカッコええやろ?
行け!」

一同
「ハイ!」

1塁の毛利。
(これにてミッション終了!)
とちょっと一安心。
ちらっと金川の方を見ると、

金川

毛利、このジェスチャーを見て、
(二塁に盗塁決めなほお骨を裏拳で粉砕する!?
ミッションはまだ続いてんの!?)

金川と藤巻は自主練があるので戻らなければと話している。。

スポンサードリンク

朝日出コーチはバントのサイン。

打席は4番の門松である。

バントなどしたことはない。

しかし、金川のジェスチャーを勘違いした毛利、盗塁のことで頭がいっぱいである。

もう一回金川の方を見ると去り際に、

毛利

毛利
(三塁まで行かな毒飲ます!?
誰かあの人どうにかしてくれ!!)

相手ピッチャーは、打者がバントの構えをしているので、盗塁はないと油断している。

門松は送りバントに集中。

ピッチャーがモーションに入ったその瞬間、

毛利スタート!

タイミングは完ぺき!

キャッチャーから二塁への送球が少し低い。

毛利、気迫のスライディング!

2塁手はボール後逸。

花本
「モーリー、三塁や!」

毛利そのまま三塁へ。

しかし、いい球が返ってきた。

際どい!

毛利、本日三度目のヘッドスライディング!

毛利

三塁、ボールキャッチして、毛利にタッチ。

しかし、毛利のベースタッチがわずかに早かった。

セーフ!

狩野
「っしゃー!」

花本
「・・・モーリー」

客席もざわつき始めた
「あの19番の走塁すげー!」
「ええぞー、19番!!」

グランドを離れた金川藤巻にも歓声が聞こえ、グランドを見ると、

毛利

狩野
「花ちゃん、俺、調子に乗ってたわ。
もうかっこつけんとこな!」

花本
「うん、目ぇ覚めたな!」

朝日出コーチ
(サイン見逃しか?
いや、スタート完璧やったしな。
いけるとふんでの単独スチールか?)

「門松、返したれ!」

門松、タイムを取り、用具倉庫に歩いていく。

まさか・・・

毛利

–46話ここまで

○感想

朝日出コーチの言う通り、選手たちはどっか相手を舐めていたのもしれません。

毛利のプレーでベンチに活気が戻り、皆、気が引き締まった様子。

ここから反撃してくれることでしょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑