バトルスタディーズ 47話 ダサくて何が悪いんだ!

公開日: 

内野安打で出塁した後、見事な走塁で3塁まで進んだ毛利。
(ミッションクリア!何とか命長らえた。)

スポンサードリンク

狩野や花本も目が覚めたと言っている。

朝日出コーチ
「お前ら・・・
はじめて野球したとき、今の毛利みたいに無我夢中でやってたはずや。
壁にぶち当たった時は、初心に帰れ。」

そして次のバッターは門松。

門松

狩野
「見ろ、花ちゃん。
門松も初心に帰りよった・・」

花本
「あれは椿からアーチを打った時の・・・
初心ってあーいうことなん?」

朝日出コーチもひっくり返って笑っている。

バックネット裏で見ていた他校の生徒
「昭和のヘッチや。
クソダサい!!」

門松

門松、3塁の毛利(仲良し)にアイコンタクト。
(おおきにブラザー。
テメエのおかげで初心に帰ることが出来たぜ。
紅白戦で檜から打ったアーチ。
あの時は無心だった・・・
ブラザー、バントが苦手なワテのために三塁まで激走とは・・
その心意気、しかと受け取った!)

その門松の異変に金川達も気が付いた。

門松

金川・藤巻爆笑。
(ちょっと微笑んでいるところがさらにツボだったようだ。)

門松

愛才ピッチャー
(何じゃあ、あのヘッチ。
プロ注目の俺をバカにしてんのか?」

スポンサードリンク

DLベンチでは狩野と花本が元気に声を出しているが、檜は笑ってしまってできない。


(アカン・・あの顔面・・・
次の回投げんのに、忘れられへん!
ヤバいぞ!
また紅白戦の時みたいになってまう。)

門松
※少年野球で使われる応援歌。

花本
「門松ー!
初心に帰るとこ間違ってるで!」

さあ、初心に帰った門松、果たして打てるのか?

ピッチャー第一球投げた。

門松
「♪センター返しのバッティングー♪」

と口ずさみながらフルスウィング!

門松

ライト方向に飛んだ。

門松
「相棒よ、今のワテの仕事は、テメエをホームに返すことやでー!」

門松

ライト、バックする。

タッチアップには充分な距離が出ているようだ。

あれ?しかし・・・ライト見送った!

門松

入った!!

同点ホームラン!!

門松、ホームを踏むと、次の打者、南とすれ違う。

門松
「おい。ワイら今や名もなき高校1年生や。」


「・・・過去は捨てるてか?」

ベンチは盛り上がっている。

「ええぞ、毛利!」

「門松ようやった!ヘッチ弁償せえよ!」

毛利が門松に
「ナイス相棒!金川さんの指令やろ、あのヘッチ?
なあそうやろ!!」

門松
「・・近づくでない。気持ち悪い。」

などと言っていると、

門松

右中間真っ二つ。

狩野
「次はオレや。」

–47話ここまで

○感想

初心に帰ることで、DLナイン、本来の自分を取り戻しました。

こうなると一気にいってしまうのではないでしょうか。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑