バトルスタディーズ 54話 王者のバント

公開日: 

弱小公立高校相手のDL学園。
先頭打者、烏丸、いきなりのセンター前。

スポンサードリンク

速い打球でセンター前。
普通のシングルヒット・・かと思いきや、烏丸、2塁を狙う!
センター慌てて2塁へ送球。

烏丸

観客・女子高生
「ヤバい!カッコイイ~烏丸クン。」
観客。中年男性
「さすが烏丸や。
2塁行くふりして相手のエラー誘ってる。」

狩野

アナウンス
「2番セカンド、桂クン。」

点滅係の花本と信楽・弟(ルイージ)

花本
(スゲー、烏丸さん。
容赦ない走塁・・
2塁狙てるわ・・
守ってて一番イヤなランナーやな。)

となりのルイージを見ると・・

ルイージ

ルイージ
「しばくぞ!
私学大会主将が居眠りこくかぁ!!
前向いとけ、アホォ!!」

花本
(めっちゃ寝てたやん・・・
起こしてあげたのに・・・)
「はい・・」

ルイージ
「お前なあ・・”ヒット打ったスゴーイ”みたいなしょーもない女視点で見てんちゃうぞ。
烏丸さんは常に先を想定して打席に入られる。
全ては先の塁を獲る為の準備や。
さっきのパタパタブレーキがその証拠。」

花本
(えっ・・・
寝てたんちゃうん?)

止まり方

止まり方

ルイージ
「本気で先の塁を狙てたらあぁいう動きに自然となる。
俺ら2年も全員パタパタブレーキや。
わかるか?
先へ先へという姿勢でブレーキすることで、相手にジリジリプレスを与えていくんや。」

1塁。

相手の1塁手は烏丸に憧れている様子。

思い切って話しかけてみるが、烏丸は無視。

そして、烏丸のリード。

烏丸のリード

だいぶ大きくリードをとっている。

相手ピッチャ-は当然警戒。

スポンサードリンク

再び点滅係。

ルイージ
「おい、くいだおれ。
烏丸さんのリード、よぉ見とけ。
バリイカツいから。」

花本「はい。」
(イカツいリード?
日本一の1番打者の動き・・・
しっかり見て勉強せな・・
公立校相手やのに・・・
全くなめてる気配ない・・
なんか・・烏丸さん達は・・・
自分たちの野球してはるだけに見える・・・
俺たちとは・・
別の次元で野球してるんやろな・・)

相手ピッチャー

相手ピッチャー

烏丸、走らない。

烏丸

烏丸のリードが少し小さくなった。

そしてピッチャーがモーションに入ると・・

走った!!

相手ピッチャー

そして、デッドボール・・・

狩野は1球目と2球目でリードの幅を変えていたことが気になる。

点滅係。

ルイージ
「なぁおてもやん・・
公立校やからて昨日の俺たちみたいに・・・
相手に合せて3年生は試合してへん。
野球は打って投げるだけちゃうねん。
あーゆうちっこいプレスがボディブローのように効いてくるんや。」

花本
(なるほどね・・
常に前の塁を狙う姿勢が相手に圧力をかけるってことか・・・
そういうことまで考えて野球せなフルメンバーには入られへんな・・」

で、隣を見ると、一瞬でルイージが舟をこいでいる。

ルイージ

狩野。

(なんでや、気になることが多すぎる・・・)

狩野は自分の変化に気付く。
(入学早々の3年生の練習試合は憧れだけで見ていたが・・)

狩野

次の打者は、3番サード、

古谷

狩野
(ノーアウト1・2塁で俺が付き人してる古谷さん!
アーチ見たくなってきた!)

古谷は打席に入り、ベンチを見てサインを確認。

そのサインとは・・・

古谷

古谷

–54話ここまで

○感想

3番、強打者古谷にバントですか。

これもDL野球なのでしょうか。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑