ブラッククローバー 52話 魔力無き者

公開日: 

騎士団 VS 魔眼始まる!

アスタ
「魔法騎士団団長が三人も・・・!?」

スポンサードリンク

騎士団長3人

ジャック

ヤミ
「いや全然無いね、ホント。紙っぺらレベル」

ジャック
「カカカ!ムリあんだろうォ!
つーかこのスキにオマエ裂いちまうかァ?
今までの恨み込めてよォ~」

ヤミ
「あー、出たわ。コイツ馬鹿だわ。
すみません勘弁して下さい。」

ジャック
「カカカ!
バ~~~カ、するわけねーだろうが。
やるんならテメーが万全の時にやるっつーんだよ。
じゃねぇと裂き甲斐が無ぇ・・・!!」

フィンラル
「翆緑の蟷螂団(すいりょくのとうろうだん)、団長、裂断魔法のジャック・ザ・リッパー。
万物を裂くと豪語するドSの破壊フェチ。
なんかヤミさんとの軽いケンカで山一個削り取っただとか・・・」

ローズレイ
「いつまで尻もちをついている・・
男のクセに情けの無いヤツだな。」

ヤミ
「バカタレ、大地がオレを愛しすぎてケツをはなさねーんだよ。」

ローズレイ
「馬鹿は貴様だ。
大地が貴様のような無法者を愛するわけが無いだろう。」

ヤミ
「おーキツイキツイ。
オマエそんなんだといつまで経ってもヨメに行けねーよ?」

ローズレイ

ノゼル
「我が国を襲った逆賊のトップが雁首揃えているとは・・・
またとない好機・・・
この手で葬ってくれよう。
貴様は早く消えるがいい、異邦人」

ヤミ
「いやーお気遣いありがとうございます、プライドの塊さん。」

ヤミ、アスタに向かって
「あの髪型どーやってセットしてんだろーな?」

アスタ
「え?王族だから召使いとかにやってもらってんじゃないんスか?」

ヤミ
「え、人にやってもらってんの?ダサくね?」

アスタ
「え、けど自分であの三つ編みやってるってことっスか?」

ヤミ
「あー、それもキモイな」

ノゼル
「まずは貴様から葬ってくれようか・・・!?」

ヤミ
「異邦人に魔力の無駄遣いはやめよう。」

フィンラル
「古豪、銀翼の大鷲団、王族の団長ノゼル・シルヴァ・・・!!
やっぱ本物はオーラーギンギンだわ・・・!
イケメンだな、チクショ~。」

ゴーシュ
「誰だ、全員。」

フィンラル
「えええええ、騎士団長達だよー!!
騎士団員なら興味持てよ!!」

ゴーシュ
「マリー以外知らん」

スポンサードリンク

アスタ
「うおおおお!!
なんか燃えてきたァー!
オレもまだまだ戦いまぁぁす!!」

ノゼル
「引っ込んでいろ下郎。
我々団長が出張った戦場・・生半可な戦力では足手まといだ。
特に貴様のような魔力の無い下民はな・・・!!」

アスタ、悔しそう
「・・・」

ヴェット
「新手か・・・良いだろう!!
果てしなき闘争の果てにこそ真の絶望がある!!
そして強き者の絶望ほど最高のスパイス!!
いくぞ!!二人共!!」

ファナ「・・・」

ライア
「なんかヴェットくんノリノリなんだけど・・・
メンドーだな~~。まぁいいや。
リヒトくんのために頑張りますか・・・
つーワケでウチはあのキレーなお姉さんとやるわ!!
ウチが勝ったら一緒に飲みに行ってもらうよ~~~♪」

ローズレイ
「ならば貴様と盃を交わすことは無いな‥!」

デスサイズ

ヴェット

ジャック
「カカ!虫けらナメんじゃねぇ!!」

ノゼル
「私が用があるのは・・・貴様だ」

銀の槍

ファナ
「アナタも・・・リヒトを傷つけるのね・・・
憎い・・・!しんで・・・!!」

ジャック
「カカカ!水銀が炎で溶かされてるじゃねーか!
代わってやろォか!?銀ピカァ!」

ノゼル
「・・・ぬかせ。この程度の炎にやられるものか・・・
私が誰と・・競って来たと思っている・・・!!」

3か所での激しい攻防で砂埃が大変なことに。

砂埃

フィンラル
「何だこれ・・
もう天変地異レベルじゃないっスか!!」

ゴーシュ
「砂煙で前も見えねー!!」

ヤミの目が光る。

ヤミ
「おい、フィンラルくん。
そろそろ空間魔法一回分は回復したんじゃねーの?」

フィンラル
「帰るんスね!?
そうしましょう!
あの方たちに任せてさっさとー。」

しかしヤミの考えは別のところにある様子。

離れたところから戦いを見ているリヒト。

リヒト
「確かに魔法騎士団団長は強い・・・
だが三魔眼には勝てないよ・・・!
私たちは・・魔に愛されているのだから。
だから・・何かの間違いなんだ・・・
あんな魔に愛されていない・・
魔力のまったく無いただの人間が・・
あの魔導書を持っているのは・・・!!
早く・・・取り戻さねば・・・」

その時、ヤミが空間魔法を利用してリヒトを頭上から狙う!

ヤミ(さんざ弱らせたんだ。逃がすかよ!!)

リヒト
(・・・君なら、

ヤミ

フィンラル
(カウンター!?マズイ・・・!!)

フィンラル
「ヤミさん!!」

ライア
「あらら~、ウチの大将ナメすぎたね」

ヤミ
(テメェも大将首狙ってんだろ?さあ来い!!!)

アスタ

リヒト「な・・・」

みんな

ノゼル
(この乱戦の爆煙の中をどうやって!?)

ヤミ
(氣を読めりゃあ、不可能じゃねーよなぁ?)

リヒト
(気付かなかった・・・誰も!!
感じなかった・・!!
・・コイツには、魔力が無いから)

アスタ「諦めないのがァァ」

ヤミ
「オレが来ると信じてくれてありがとよ。
オレは魔力の無ぇウチのバカを信じさせてもらったぜ!!!」

アスタ

–52話ここまで

次回 ブラッククローバー 53話につづく

○感想

諦めないことが魔法・・・

頑張れ、アスタ!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑