ブリーチ 669話 刃Ⅱ

公開日: 

やちる
「もー剣ちゃんなんにも知らないんだから!
その力はね
“卍解” だよ。」

スポンサードリンク

急激に霊圧が上昇する。

日番谷
「何だっ!?更木か!?」

剣八

一角
「何だ・・・!?
何が起きた・・・!?」

弓親
「見なよ・・・
隊長の肌が・・・赤い・・・」

ジェラルド
「・・・ふん 急激な霊圧の上昇・・・
卍解かと思えばさしたる変化も無し。
とんだ肩透かしだ!
よもやその折れた剣が卍解という訳でもあるまい!
つまらぬなあ更木剣八
刃の折れた貴様にはホーフヌングを振るうのも惜しい!
潰れて消えろ!!」

ジェラルドは右拳で剣八を潰そうとする。

その時・・・!

剣八

剣八

ジェラルド
「ぬうッ おおおオオお
愚か!
腕などもいでも無駄だと言った筈だ!」

間髪を入れずに攻撃する剣八。

剣八

ジェラルド
「馬鹿なッ 我が盾が・・・」

スポンサードリンク

更に剣八は下からジェラルドのあごを攻撃!

ジェラルド

ジェラルド
「ばっ・・・馬鹿な何だこの力はッ・・・!?」

ジェラルドはホーフヌングを手に、後ろ向きにそのまま下へ落ちていく。

日番谷
「くそッ・・・落としやがった!」

ジェラルドに羽が生える。

ジェラルド

日番谷「!」

ジェラルド
「馬鹿なッ・・・
馬鹿な馬鹿な馬鹿なッ・・・
しに神が・・・
我を追いつめる・・・
こんな馬鹿な事があってたまるかああアアッ」

縁に立って、見下ろしている剣八にジェラルドは向かっていく。
「逃げもせぬとは愚の骨頂!
灰となって消えろ!」

ジェラルドはホーフヌングで斬りかかるが・・

剣八

一刀両断!!

–669話ここまで

次回 ブリーチ 670話へつづく

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑