僕たちがやりました 21話 マイホーム

公開日:  最終更新日:2016/07/09

–丸山友貴、トビオのお金で豪遊中–

スポンサードリンク

京都の歓楽街。
丸山がスッキリした顔で店から出てきた。

マル

「気ん持ちよかったどすえ~。
次はどの街で抱こうかな♪
丸山友貴の○○散歩!なんちて。
あ、その前にお腹減ったな。
肉食べたいな肉♪
ステーキしゃぶしゃぶ♪
るんるるーん♪
あ、これいい、牛すき!!」

店の店員が通報している。

通報

トビオは家に向かってトボトボ歩いていた。
(今ならたぶん家に誰もいない・・・
父さんは仕事だし・・・母さんはパートだし・・妹は学校だし・・
とりあえず1回帰って着替えよう。
汗べとべとで気持ち悪いし。
それとお金・・・
母さんのヘソクリと妹の500円貯金箱パクってくれば・・
それで当面はなんとか逃げられる・・
そのあとは・・
その時考えよう・・
とりあえず風呂だ風呂。
ふう、もう帰らないと思ってたけど・・)

家の近くまで来ると・・
玄関前にパトカーと警察官が二人。

トビオ
(警察!?なんで家に!?
バレたのか・・!?
俺たちのこと・・!?)

警察

(もしかして・・自供したか、パイセン・・!?
くそ・・!!あのハゲ!!やると思った。
ダメだ・・もう家には戻れない!!
地元はもうだめだ!!離れなきゃ!!
とにかく遠くへ!!逃げなきゃ!!)

トビオは電車に飛び乗った!

スポンサードリンク

トビオは鉄道の高架の下。
(マジ知らん所来たな・・
所持金・・9720円・・たぶん1週間ももたねぇ。
バイトでもするしかねーなこりゃ・・
でも、履歴書とかどーすんだよ・・
偽名とか使うんか?ムリくね?
最悪の場合・・)

(空き缶って、1個いくらもらえるんすかアニキ。)

ホームレス

トビオが絶望してうなだれていると、誰かに肩を叩かれた。
「トビオさん?何してるんですかぁ?」

今宵

トビオ
「あ・・今宵ちゃん・・(伊佐美の彼女)
いや、別に・・・何となく黄昏・・・」

今宵
「ふ~ん。心配してたんですよぉ。
最近学校来てないからぁ。」

トビオ
「・・ってゆーか・・
今宵ちゃんこそなんでこんな所いんの?」

今宵
「帰り道です。
私んちすぐそこなんで。」

トビオ
「へー、そーなんだ・・」

今宵
「てか、敬語やめていい?」

トビオ
「別にいいけど。」

今宵
「ここで会うなんてビックリだね。」

トビオ
「伊佐美って今何してるか知ってる?」

今宵
「それが・・わからないの。急に連絡取れなくなっちゃって。
パイセンさんも捕まっちゃったしぃ、マルさんも学校来なくなっちゃったしぃ、
いつものメンバーみんないなくなっちゃってぇ。
でぇ、私思ったんだけどぉ、
もしかして、みんなあの事件の犯人だから逃げてるとか?」

トビオ
(うそだろ・・もうそんなバレてる!?)

今宵
「結構ピンチな感じ?」

トビオ(ごまかさなきゃ・・)
「いやいや、違うよ、別に・・だってほら、パイセンさ、普通に友達だったからさ!
あんなことになってヘコんじゃってさぁ、オレ・・・
学校ちょっとさぼっただけで・・・」

今宵
「そうなんだぁ、まぁ、別にどっちでもいいんだけどね。私カンケーないんで。」

トビオ
(は?何だこの子・・どこまで本気だ!?)

今宵
「まぁとりあえずぅ、ウチで麦茶でも飲む?」

今宵

–21話ここまで

○感想

マル、通報されちゃってましたね。
マルが捕まると、当然、トビオも・・
ま、その前にもう家に警察来てましたね。
捕まるのは時間の問題としても、トビオが今宵の家にいくのか、いったらどういう展開になるのでしょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑