僕たちがやりました 24話 生きてるってのは・・・

公開日:  最終更新日:2015/10/03

押入れの中で伊佐美と今宵の行為が終わるのを待っているトビオ。

スポンサードリンク

押入れがすっと開き、伊佐美が顔を出す。
「終わったぞ」

トビオ押入れから出ると、今宵はいない。
入浴中らしい。

トビオと伊佐美

すると、伊佐美が突然、
「俺、生きてるぅ!!」
と叫ぶ。

伊佐美

そして、
「やっぱ、するのは気持ちいい!」

と言って泣き出す。

伊佐美

トビオ
(こいつ、情緒やべえな。)

何があったのか聞くと、

パイセンから貰った300万で一人で新しい人生始める作戦練ってた。
パイセンが捕まるニュース見て、全部フッとび、
それまで抑え込んでいた恐怖が一気に全部来て、
ホームセンターでヒモと椅子買って、公園で全部終わりにしようと思った。

「そのほうが楽だと、マジで思ったんだ。」

しかし、ヒモが切れ、頭から落ち、気を失った・・

目が覚めてみると、あそこが大きくなっていて、生きている証だと思った、

スポンサードリンク

そして、今宵を抱きたくてここに来たということらしい。

伊佐美は、
「お前は?なんでここにいんの?」

と聞いておきながら、トビオが話し始めると、

「そーだ、もう1個思い出した。やばかったんだよ、気ぃ失ってた時!!」
と言い出し、トビオの話を聞かない。

真矢なんとかみたいのが出てきて、
「あきらめないで。」
と言われたらしい。

伊佐美

そして伊佐美は一緒に逃げようぜと言う。

トビオは絶対嫌だと思いながらも、そーだな、と答えておく。

今宵
「別に無理に逃げなくてもいいんじゃない、ここにいれば?
みんなで暮らせばよくない?」

今宵

伊佐美は同意するが、トビオは正直面倒くさい。

伊佐美は3人でしようぜと誘うが、トビオが断ると、2人で押入れの中で始めた。

トビオ
(なんだよコイツラ・・・ついていけねーよ、マジで・・・
でも・・・かと言ってひとりじゃ・・・金もねぇし・・!)

と思って、ふと伊佐美のカバンを見ると、300万が手つかずで入っているのが見えた。

現金

–24話ここまで

○感想

まずいですね。
伊佐美の精神状態。
ああなってると、何をするかわからない。
何かの拍子で急に錯乱状態になる可能性が。

トビオは、事情を書置きして、100万円位借りておく、
という行動に出る気がします。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑