ダイヤのA actⅡ 16話 KING

公開日:  最終更新日:2016/01/12

稲城実業VS薬師高校
超満員の観客が見つめる中、試合開始。

スポンサードリンク

1回表、稲城の攻撃。

薬師の先発は真田。

1番カルロスをシュートで打ち取る。

球速は140キロ超。

2番は白河。
(球速だけじゃない。秋と違うのはプレートの使い方。

真中

白河、真田攻略の手始めとして、この球に狙いを絞る。

しかし、次の球は、アウトコースにストレート。

ツーストライク。

アウトコースいっぱいは選抜でもよく決まっていた。

シュートの威力があるので、外側のボールが効いていくる。

そして次は

真中

サードゴロ。

観客席もざわついてきている。

「稲実のバッターを見下ろして投げている」
「秋より力強さが増している。」

下半身を徹底的にいじめぬいたオフのトレーニング。
そして甲子園という大舞台で全国の強豪と張り合った経験。
心と身体・・そして投球術。

真中

3番はツーシームでセカンドゴロ。

真田、3人で仕留める上々の立ち上がりである。

スポンサードリンク

轟監督
「選抜から帰って来たばかりだし、休ませてやりたかったが、相手が相手だ。
余裕かましてたら夏大会前にどえらい傷背負いかねねえ。
甲子園で戦ってきた熱、勢い!!
そのままぶつけさせてもらうぜ!!
国友さんよ。」

国友監督、無表情で不愛想である。

1回裏、薬師の攻撃。

マウンドは成宮。

(盛り上がってるとこ悪いんだけどさ。
運よく選抜に出られたチームがいつまで調子に乗ってんの?)

成宮

1番を三振に取る。

成宮
(忘れてんのなら思い出させてやる。

成宮

–16話ここまで

○感想

真田、成宮ともに好調のようです。

まさに激戦必至。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Comment

  1. あごなら より:

    真中って誰だよwww

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑