DAYS 142話 圧倒的才能

公開日: 

1-0で聖蹟がリードしているものの、相庭未蘭のプレーに度肝を抜かれた聖蹟の選手たち。

その相庭に臼井がつくことに。

スポンサードリンク

一星のコーナーキック!!
相庭に合わせてくる。

ここは臼井がクリアー。
相庭に競り勝つ。


「臼井 対 相庭か。
これは見ものだな。
相庭がいかに十傑と言えど。」

丸岡
「臼井は聖蹟の壁だ。
ウチ(京王)も散々苦しめられた。
そう易々とは崩れねえ。」

つくしも臼井を称える。

つくしと臼井

相庭が裏のスペースに走る!!

そこへスルーパス。

ゴールライン際!!

1対1.

臼井対相庭!!

臼井「やらせないよ。」

臼井と相庭

臼井と相庭

臼井と相庭

臼井と相庭

相庭、臼井を突破ーーっ!!
しかし角度がない!!

聖蹟の監督
「猪原!!」

スポンサードリンク

猪原が両手を広げて相庭の前に立ちはだかる!

相庭
(ザコ共が)

ゴール

ニアサイドをぶち抜いた!!

相庭未蘭、圧巻のゴール!!

一星

大柴が相庭をにらんでいる。
「むう・・・」

相庭
「やはり、お前など覚えていないな。」

大柴
「ブッコロス!!」

一方、いまだしりもちをついた格好のままの臼井。

その臼井に水樹が手を貸す。

臼井
「悪い」

水樹
「うん」

その様子をつくしは青い顔をして見ている。

臼井
「みんな何してんだ!!
まだ同点だぞ!!切り替えて行こう!!」

つくし
「ハイ!!」

水樹は臼井を引っ張り起こした手をじっと見ている。

そしてつくしに何か指示を出した様子。

来栖
「ま・・負けた。臼井軍曹が・・・」

国母
「す、滑っただけだ。きっとそうだ」

臼井の尻もちに、臼井を知るものは皆驚いている。

前半20分、一星が相庭のゴールで追いつき、試合は1-1。


「相庭未蘭・・タク(保科)でも止められるか?」

丸岡
「おい、あれで同じ2年!?
あんなのが埋もれてたの?」

甲斐
「いや、だから埋もれてないって。」

大丈夫か?聖蹟は・・・

聖蹟ボールで試合は再会。

君下
「寄こせ柄本!!」

しかしつくしは水樹にパス。

君下
「あ?オイコラ・・・」

つくしは水樹に、キックオフのボールをすぐよこすように指示を受けていた。

水樹が臼井を起こしたとき、握っていた手が震えていたのだ。

そのことが水樹の闘志に火をつけた!!

–142話ここまで

次回 DAYS 143話へつづく

○感想

震えていたということは・・・勝てないと感じたのでしょうか。

いや、この後臼井が相庭に一矢報いる場面があることを祈ります。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑