DAYS 143話 仁王

公開日: 

前回
相庭のゴールで試合は振り出しに。
現在、1-1の同点。

スポンサードリンク

試合再開直後、水樹が単独で仕掛ける!

観客
「一人で行く気か!?」

君下が

君下

この声に水樹は止まり、君下にパスを出す。

水樹

神村、水樹に
「惜しい・・・取り囲んだのに。」

ここは聖蹟、落ちついて攻め直す。

保科
「よく思いとどまったな。
あそこで奪われてカウンターされたら危なかった」

丸岡
「過去に対戦したことのある君下だけはある意味覚悟していたんだろう。
十傑・相庭未蘭の恐ろしさを。」

水樹は君下に一礼。

君下
「タワケが。」

風間の妹
「あのまま行ってたら危なかったですね。
聖蹟は救われましたよ。
あの人に。
まさに聖蹟の良心。」

つくしの母
「良心?」

丸岡
「まだ1対1・・・…同点だ。」

甲斐
「ああ聖蹟は一旦落ち着くべきだ、負けてるわけじゃねえんだから。」

この間、灰原のクロスから風間がシュートを打つが、惜しくもポストに当たり、一星にクリアされる。

そして一星のカウンター!

相庭にボールが渡り、臼井が相庭をマーク。

臼井、仕掛けるかと思われたが、

臼井と相庭

相庭は一旦ボールを下げる。

聖蹟の監督
「本来臼井は攻撃的な守備をする選手だ。
しかし今はそれをしなかった。
1対1で相庭に抜かれたのが影を落としているのだろう。」

生方
「でもプレーとしての選択は間違ってないんじゃ・・・」

聖蹟の監督
「正誤ではなく信頼の問題だ・・・
臼井が崩れればチームが揺れる。
水樹でさえ我を忘れかけたくらいだ。
このままではまずいが・・・
臼井の代わりなどいない・・・」

生方
「そんな・・・」

聖蹟の監督
(どうする・・どうすれば・・・)

スポンサードリンク

聖蹟ゴール前。

ボールは再び相庭へ。

ここもやはり臼井がつく。

観客
「こう一度負けたらマズいぞ。
一気に流れを持っていかれる。」

臼井
(今度こそ止める!!)

しかし、相庭の視線を受けたとたん、臼井の脳裏に自身の尻もちが浮かぶ。

臼井、一歩引く。

相庭
「なんだおい、格付けは終わったのか。」

相庭が仕掛ける!

臼井は一瞬遅れた!

相庭

つくし

こぼれたボールを奥がミドルシュート!!

これは猪原が左手一本でファインセーブ。

つくし

一星のコーナー!

聖蹟、ピンチが続く!!

中央は相庭と奥!!

高さ勝負!

猪原

強烈!

パンチングで外へクリア!!

とんでもないパワー!

二人まとめてふっ飛ばした!!

水樹

猪原
「柄本!入れるだろ?」

つくし
「もちろんです。」

今帰仁
「臼井さんだけじゃありません。
たとえディフェンスがやられても

猪原

–143話ここまで

次回 DAYS 144話へつづく

○感想

すごい。

まさに怪物。

確かにこの風貌は守護神というより仁王といった感じです。

つくしも頑張ってる!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑