でぶせん 46話 許すまじ

公開日: 

重装備で登校した月人とクマ。

スポンサードリンク

月人とクマ

教室からミツコ先生を連れ出す。

クイーン
(キター!これであのブタ教師のカワハギ間違いなし。)

月人
「神夜、お前も来てくんね?」

クイーン
(クックック。完全に激怒してやがんよ。
あんだけ凶器準備してりゃいくらでぶせんが柔道十段だってタダじゃすまないでしょ。)

クイーン

武良
「楯野、カワハギ心美にやらせたのか?」

楯野
「まーね。あの女はオレがいなければとっくに自分で命を絶っている。
俺とのつながりを続けるためならどんな事でもする。
そうやって自我を保っているんだ。
あの様子じゃうまくいったようだな。
命拾いしたしたようだぜ、クイーンも。」

武良
「・・もし失敗したらどうする?」

楯野
「・・・切るさ。
チェスの駒はキングを守るために切り捨てられるのが仕事だ。」

武良
「チェスはな。
でも将棋かもしれない。」

道中、ミツコ先生は自分の素性が月人たちにばれて制裁を受けるのかと心配している。

月人
「着きました。降りてください。」

ミツコ先生が連れてこられたのはアメリカ人がたむろしている店。

バー

ミツコ先生
(ああ、いよいよ私の命もここまでね。
長いようで短い人生だったなあ。)

スポンサードリンク

しかし、月人とクマはミツコ先生に向かって、ニカっと笑い
「あざっす先生、俺らなんかのために一緒に来てくれて。」

そしてアメリカ人たちの方を向き、

月人とクマ

アメリカ人たちの反応
「昨日のガキどもか。」
「また叩きのめされに来たのか?」
「てか、今度はマジ生かしちゃおかねーし。」
「ファッキューサノバビッチ」

神夜も加勢。
「おう、そういう事か。あたしも助太刀すんぜ。
先生は離れて見てて。」

クマ
「やれるだけ俺らでやりますから。」

月人
「カッコつけてーんす。」

月人とクマと神夜

月人&クマ&神夜
「いくぞゴラァ」

そこにクイーンが到着。

クイーンが見た光景は・・

戦

–46話ここまで

○感想

完全武装の月人、クマ、神夜の攻撃を受けたらアメリカ人たちも適わないでしょう。

今回はミツコ先生の出番はないのかな。

武良の発言からすると、心美はミツコ先生の取り巻きに加わるのでしょうか。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑