ディノサピエンス 12話 ロシアから来た男

公開日: 

恐竜たちに囚われ、絶対絶命のピンチのフィッシャーたちを助けに来てくれたのは、超伝導ストラグル・ビーグル。

スポンサードリンク

ストラグルビークル

フィッシャー
「アレは・・・なんだ・・!?」

フィッシャーを踏んでいた恐竜がストラグル・ビーグルに向かって歩いていく。

ストラグル・ビーグルはデコピンで恐竜の頭を砕いてしまう。

ストラグルビークル

しかし、すぐに頭を再生した恐竜は再びストラグル・ビーグルに向かっていくが、今度はパンチで粉砕。

ストラグルビークル

恐竜は束になって向かっていくが、ことごとくパンチで粉砕されてしまう。

ストラグルビークル

フィッシャー
「あれが、ガタカの言っていた対恐竜専用の秘密兵器っ!?」

ガタカ

あまりの強さに恐竜たちは向かっていかなくなる。

スポンサードリンク

小型の恐竜たちが逃げてしまった後、現れたのは・・・

スピノサウルス

スピノサウルス!!

小型の恐竜を食べている。

ストラグル・ビーグルはスピノサウルスにも向かっていこうとするが、フィッシャーが呼び止める。

フィッシャー
「あっ、ちょ・・ちょっと待て、オイ!
一つ、・・いや、ふたつ聞きたい!
えっと、Who Are You?
Where did you come from?」

ストラグル・ビーグル
「I’m Just a Boxer.
In Russia.」

そう、ストラグル・ビーグルを着ているのは、フィッシャーのあこがれのボクサー、レヴィー・クリコフだ。

フィッシャー
「ハン・・パネエ!」

あの鉄人、戦る気だ・・・っ!

–12話ここまで

○感想

ようやくストラグル・ビーグルの活躍が見れると思ったら・・・
次回からヤンマガサードに掲載らしいです。

とほほ。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑