銀魂 577話 泣き虫

公開日: 

宇宙最凶の親子喧嘩を神楽が止める。

神楽「お前らが何度バカやらかそうと 何度だって止めてやるアル。
還ろう ただの家族に。」

スポンサードリンク

扉絵

かつての星海坊主一家。

星海坊主一家

定春

新八
「神楽ちゃんん!!
どこだぁぁ!!
いるなら返事してくれぇ!!」

銀時、倒れている多数の春雨兵を見ながら
「・・・ぱっつあぁん。
この軍勢相手にこんなマネができる奴ぁあの男しかいねぇ。」

新八
「星海坊主さん・・やっぱりあの人・・・
神威さんを止めるだけじゃない。
春雨から護るために組織に・・・」

銀時
「・・・さぁな。いずれにせよ親父はどうあれ、あのバカ息子の方はもう止まらねぇ。
生きているなら必ず親父をころしにくる。
そしてそこに必ず神楽もいる。」

春雨兵が引き上げていく・・

スポンサードリンク

銀時
「急ぐぞ。このタイミングで春雨の兵が引き始めてる。
あの化け物一家に限って簡単にやられるワケがねぇが、だが春雨が奴等を放っておいて撤退するはずもねぇ。
嫌な予感がする。」

阿伏兎が親子喧嘩を見守る。

神楽
「二人とも 拳をおさめるネ。
今ならまだ間に合うアル。
今ならまだ 還れるアル。」

星海坊主
「・・・神楽。」

神威
「もう手遅れさ。」

神威と神楽

神威はさらに神楽を殴ろうとする。。

神威
「お前の家族なんてもうどこにもいない。
お前のしってる兄貴なんてもうどこにもいない。」

星海坊主は神楽を助けようと神威を追う。。

神威
「お前のしっている親父もいなくなる。
礼を言うよ妹よ。
目の前で娘が死ねばもう一度あの獣も目覚めるだろう。」

星海坊主
「神威ぃぃぃ!!!」

神楽

神楽
「神威・・変わっていないのはお前だけアル。
お前は、強くなってなんかいない。」

神楽は神威の足首を掴んで崖に叩きつける。

神楽
「パピーにおいていかれて、ベソかいてた頃と、マミーの前では強がってた頃と、何も変わらない。
マミーにおいていかれて、みんなに置いていかれて、ベソかいて強がってるだけの、ただの泣き虫の私の兄貴アル。」

神威と神楽

神楽
「バカ兄貴。
私はもうお前の隣で一緒に涙を流すだけの妹じゃない。
お前の隣で 一緒に血を流して、戦える!!」

神楽
「だから・・帰ってこい神威ィイ!!」

激しい兄妹喧嘩は続く。

神楽
「お前が拳を向けなきゃいけない相手はハゲ親父じゃない。
もっと別にいんだろ!!!
私が一緒に戦う!!
だからだから・・・」

星海坊主
「・・・めろ」

昔、神威と神楽を置いて出て行った星海坊主・・・

星海坊主
「やめろ。
「もういい。やめてくれぇぇぇ!!」

阿伏兎
「星海坊主・・・!!」

阿伏兎は崖の上に虚の姿を見て驚く。

阿伏兎
「星海坊主ぅぅぅぅぅ!!!!」

虚は星海坊主に向かっていく。

虚と星海坊主

虚と星海坊主

そこに上空の戦艦から砲撃が!

立っていた崖けが崩れ、神威と神楽は落ちていく。

神楽「パピィィィィ」

そして対峙する星海坊主と虚。

虚と星海坊主

–577話ここまで

○感想

片手の星海坊主、虚とどんな戦いになるのでしょう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑