グラゼニ 東京ドーム編 50話 おれはキンタロー!

公開日: 

凡田家の長男が誕生。その名前は・・・

スポンサードリンク

夏之介
「金太郎。凡田金太郎ってんだ!」

一球さんは不思議そうに金太郎の周りをウロウロ。

そしてママのお腹かがぺったんこになっていることに気づく。

一球さん
(そーか!ママのおなかの中に今までこの物体が入っていたのか。」

金太郎

夏之介とユキちゃんは金太郎にかかりきり。

ガラガラを振ってみたり、ベッドメリーを取り付けたり。

赤ちゃんのおむつを取り替えたり。

おむつを取り替えている間にいきなりおしっこ。

金太郎おしっこ

夏之介は金太郎を抱き上げてユキちゃんと交代で頬ずり。

スポンサードリンク

ユキちゃんが金太郎におっぱいを上げだすと、一球さんのやきもちはMAX。

金太郎おっぱい

しかし、赤ちゃんが一人でソファで寝ていると、近づいて行って添い寝をしだす。

赤ちゃんからするほのかなおっぱいのにおいに、自分の母親を思い出し、夢の中に入っていったのだった。

金太郎と一球さん

夏之介が入浴中。

肘の可動域は徐々に広がってきてはいるが、ボールを投げられるようになるにはまだだいぶかかりそう。

夏之介
(みんなは今、4月のペナントレースを闘っている。
俺ももう少し回復したら頑張らなくちゃいけない。
でもでも、正直ワンちゃんとか赤ちゃんとか見てると、脱力しちまうんだよね・・・
球団から3年で2億4千万貰えることは確定しているわけだし、もう復帰したとき働けなくてもいいかな~。
そのあと引退してもしばらくはカネに困らないし・・・)

–50話ここまで

○感想

まー自分の子供は、かわいいでしょうね。
ペットが焼きもちを焼くということも実際にあるらしいですし。

夏之介のモチベーションが下がり気味ですが、今モチベーションがありすぎても、焦りにつながるような気がするので、丁度いいと思います。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑