ハイキュー!! 187話 昼の月

公開日: 

田中、アタックを決めるもよろける。
ほとんど立っているのが精いっぱい。

スポンサードリンク

烏野高校、再びマッチポイント。

田中がサーブし、白鳥沢は大平がレシーブ。

白布がトスをあげ、レフトの五色がアタックの体勢に入る。

日向はボールの動きを追い、五色のアタックをブロックしようと、ジャンプの体勢に入るも、足がいう事を聞かず、ジャンプできず。

結果、五色にアタックを決められてしまう。

再びデュース。

五色アタック

白鳥沢のコーチ
「烏野はもう気力だけで動いているようなもの。
ブレイクのチャンスだ!」

白布のサーブ。

ボールはネットをかする。

澤村の前に落ちそうになるも、澤村も足が限界に来ており、動けない。

その時、横から西谷が飛び込んで拾う。

あがった球は白鳥沢コートへ。

五色がダイレクトでアタックを打つも、

西谷

西谷がレシーブした球を影山がトスし、東峰が決める。

再び烏野高校マッチポイント。

澤村「サンキュー、西谷!!」

西谷
「烏野には俺有りっすから!!
でも俺にもできない事がある。
だから無理を承知で言います。
太ももがはちきれようとも、空中戦は頼みます。」

全員「おおよ!」(日向は「はい」)

次は日向のサーブ。

ここで西谷OUT。月島IN。

烏養

烏養
(もしも攻撃のチャンスが掴めたら。
西谷不在、澤村は前衛で地上戦が最も手薄なローテ。
全てはブロックにかかっている。)

日向がサーブ。

ここで影山が日向と位置を代わる。

山形がレシーブし、白布がトスの体勢に。

月島はレフトとライトの動きに警戒している。

白布トス

川西のアタック!!

ブロックにとぶ月島。

右手でワンタッチ!

スポンサードリンク

月島による合宿の回想。

リエーフが月島に愚痴っている。

リエーフ
「また黒尾さんにリードブロックやれって怒られた。
でもマグレだろうが勘だろうが、どシャットキメた方が気持ちいいと思わねえ!?」

月島
「どシャットは確かにイイ気分だけど、僕はそれ以上に出し抜かれるのが嫌なんで。
ボールを追えば多少反応は遅れても完全に振られる事は無いでしょ。」

リエーフ
「ツッキーっぽいね。」

聞いていた黒尾が入ってくる。

黒尾、リエーフを指さし、
「ようはお前、かっこいい方がいいんだろ?」

黒尾さん

最後に咲う(わらう)ブロックだ!

月島「ワンタッチ!!」

烏養「チャンスボーール!!」

田中が拾う。

烏野

日向アタック

–187話ここまで

○感想

烏養の読み通りの展開。

日向の超高速バックアタック、決まるか?

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑