ハイキュー!! 189話 MVPは・・・

公開日:  最終更新日:2016/01/18

激闘、完全決着!!

スポンサードリンク

扉絵

試合終了。

セットカウント3-2

勝者・烏野高校

会場内は騒然。

白鳥沢応援席はみな呆然としている。

谷地は気絶。

月島兄は周囲の人に「あれ!うちの弟なんです!あれ、メガネの!」と自慢。

道宮、泣きながら
「やった・・・ああ、ほんとにやった・・・」

烏野のメンバーは皆歓喜の涙を流しながら抱き合っている。

烏野の選手

”烏野、春高全国出場だ・・!!”

天童、天を仰ぎ
「さらば俺の楽園。」

影山は日向に、
「おい、整列だ。」

日向は立てずに、影山と西谷に立たせてもらう。

整列してのあいさつの後、牛島が戻っていく姿。

牛島

及川
「ウシワカ野郎はもっと悔しそうな顔しろっつーんだよ。」

鷲匠監督
「烏野10番のタッパは俺と同じくらいか・・・」

白鳥沢コーチ
「? あ、ええ多分・・」

鷲匠
「まあこれから伸びるだろうが・・
目指すところが上であればあるだけ、茨の道だな。」

烏野のメンバーは全員立っていられないほどふらふらである。

東峰
「スマン日向。
ストレート締めようとしたけど、間に合わなくて・・・大丈夫か?」

日向
「全然。」

影山
「コースがかなり絞られてたからこいつでも拾えたんです・・・
いや、ぶつかれたんです。」

日向
「言い直すなよ!!」

岩泉と及川が話している。

影山は良い仕事をした。

月島が戻ってきてからの、日向との位置の入れ替え。
土壇場での嫌な返球。
そして極めつけは最後のアタックの時、パターンを変えた日向にちゃんと合わせた。
おそろしく見えている。

その影山の仕事の前提にあるのは月島のブロック・・・

及川
「それにしても・・
チビちゃんはトスを上げてみたくなるスパイカーだね。
飛雄が振り回されるワケだよ。
さー、さっさと帰んべ帰んべ!!」

武田は涙を流しながら選手を迎える。

そして烏養
「澤村・・最後よく・・・よく3枚ブロック揃えた!
その前のレシーブは言わずもがな!」

澤村は西谷の”太ももがはち切れようとも空中戦は頼みます” という言葉を思い出しながら、
「—約束したんで。」

烏養、月島の方に向きかえり

MVP

田中
「俺はいつもMVPだから、今回は譲ってやるぜ月島。」

烏養
「メンタルMVPは大体お前だな。」

月島、なぜか無表情である。

スポンサードリンク

呆然としてしまっている白布に大平が声をかける。「大丈夫か?」

白布
「あ、ハイ。
ちょっと混乱して。
負けるなんて思わないじゃないですか。」

大平
「まあ・・・負けると思ってココに居る奴はいないよなあ。」

白鳥沢の選手

その選手たちに鷲匠
「ミーティングは戻ってから 表彰式終わったらバス乗れ。」

(不甲斐ない試合をしたら走って帰れという言葉があったので、選手たちは驚く。)

しかし、続きがあった。
「・・と、後で100本サーブ。」

両校の選手整列して観客席に礼をして、終了。

白鳥沢の選手たちは試合後のストレッチをしている。

天童
「若利君、最後ムキになったね?
いつもなら立て直すか他に任せる場面だ。
ブロックされないか冷やっとしたよ。」

牛島、日向の顔を思い浮かべ
「俺はお前より強い、と言いたかった。」

天童「!」

牛島
「幼稚だろうか。
それでも言いたかった。」

天童
「人の原動力って大概幼稚なんでないの?
良いストレートだったよ、新しい若利君見たってかんじ。
俺は高校でバレーやめるけどさ、活躍してる若利君をテレビで見ながら
俺は牛島のマブダチだったって自慢するから、ちゃんとがんばってね。」

牛島
「・・ああ」

天童
「情熱大陸とか出る時は俺、昔の仲間枠で取材OKだからね。」

牛島「?ああ」

そこで牛島は急に立ち上がって、烏野の選手たちの方に歩いていく。

そこで牛島

牛島

日向
「絶対同じ舞台まで行ってみせます!」

影山
「絶対及川さんより上手いって言わせます!」

牛島は去っていく。

泉と関向
(翔ちゃんて一体何者…!?)

トイレでは月島が牛島にかなわなかったプレーを思い出していた。
(ストレートに打つようにかけたトラップに牛島がとっさにクロスに打ったプレー)

山口が心配して声をかける。
「ツッキー、表彰式始まるよ。」

月島
「何本かなんて言っといて、止めたのはたった1本だよ。
5セットもあったのにね かっ・・・」

山口
「カッコ悪い訳ないじゃん。
バカなの。」

月島
「バッ!?」

山口、勢いよく出て行きながら
「イジけてるヒマないよ、全国全国!
の前に表彰式!」

月島、めがねをかけ直し、笑みを浮かべる。

表彰式。

表彰式

東京都墨田区総合体育館。

舞台は東京予選。

音駒対梟谷による、東京都代表決定戦が行われようとしていた!!

–189話ここまで

○感想

今日のMVPはお前だ・・と言われても喜べなかった月島。

あれだけのプレーをしても納得できないとは・・・

今後の活躍に期待大ですね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑