ハイキュー!! 195話 陸VS空

公開日: 

冒頭、いきなり回想。
合宿の時。

日向
「木兎さん!
Tシャツチョーかっけースね!」

スポンサードリンク

木兎のT

木兎
「ヘイヘイ、見る目があるな日向!
今年の春高で買ったんだよ。
こんなカッケーのに全然売れてねえの!
皆にも薦めたのに!」

日向
「おれも欲しいっ・・・!」

木兎と日向

そして現在。

木兎

梟谷学園第2セット。
2回目のTO。

スコアは音駒16-14梟谷

観客
「何だ?」
「梟谷のエース不調?」
「“クロスの打ち方どうだっけ?”って聞こえた」
「え、ふざけてんの。」

赤葦
(残念ながら大マジメだ!)

木葉
「序盤けっこうイイ感じの打ってただろうよ!」

木兎
「今日ストレートがすっげえイイ感じだからストレートばっか打ってたらなんかクセついちゃって・・・」

梟谷選手

猿杙
「気持ちはわかるよ。
いつも何も考えないでできてた事、突然わかんなくなって考えるともっとわかんなくなるやつ。」

赤葦、考える。
(落ちつけ これはまだ“不調”じゃない ちょっとした1本で立て直せる
サーブは・・・孤爪のターン 今のローテは・・・)

今のローテ

赤葦
「・・・では何も考えずにクロス打って下さい ただ気持ち良く。」

木兎「?」

赤葦
「道は作りますので」

木兎
「赤葦かっけえなオイ!」

試合が再開される

研磨のサーブ

レシーブは木葉。

TO中の赤葦の指示。
”孤爪はきっと木兎さんの居るレフト前方を狙ってきます。
あとできればサーブレシーブはいつもよりネット際にお願いします”

赤葦

あかね「(ツーアタック!)」

リエーフがブロックに飛ぶ!

赤葦
(さすが反応速いっ。)

赤葦はそこからレフトの木兎にトスをする

リエーフ「アッ!?」

赤葦
(灰羽・・・経験不足をセンスと身体能力で補ってくるハマったら恐いタイプ。
でも黒尾さんと比べれば欺きやすい。

赤葦

ブロックは1枚(海)

木兎、頭空っぽ
(視界良好!)

木兎

赤葦、ガッツポーズ!

これで音駒16-15梟谷

盛り上がる梟谷応援席。

スポンサードリンク

夜久
「くっそ強烈・・・!」

山本
「切替えましょ!」

赤葦、木兎に
「・・・オッケーですか?」

木兎

赤葦、他の選手たちに
「オッケーですね。」

黒尾
「気合い入れ直せ!来るぞ!」

試合は進む。

試合

ここで音駒18-18梟谷

その後も試合は拮抗。

音駒21-21梟谷

木兎がアタック!

夜久が拾うが、ボールはそのまま相手コート。

夜久
「クソッ」

鷲尾がダイレクトアタック!

山本が上げる!

観客達「うわ~拾う~」

木兎

木葉のアタックを研磨がレシーブ!!

梟谷ベンチ
「ほんっっと打つとこ無えな・・・!」

山本のアタックは木葉のブロックにワンタッチ。

それを赤葦が拾う。

小見が木兎にトス。

木兎

観客
「うおおお!?
超インナー!
アタックラインより前だったぞ!」

アリサ
「あんなのアリ~!?あかねちゃん?」

あかね

梟谷がブレイク!!

音駒23-24梟谷

梟谷学園マッチポイント。

ここで木兎のTシャツ”エースの心得”

木兎

音駒のTO。

試合再開して、黒尾がアタックを決めてデュース。

木兎

一つ、全てのボールを打ち切るべし

木兎

ここで試合終了。

音駒28-30梟谷

勝者梟谷学園

–195話ここまで

○感想

空が勝ちましたか。

影のカッコよし男、赤葦。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑