ハンツートラッシュ 105話 外した・・・!

公開日:  最終更新日:2016/02/01

男子水球部員、落ち葉の浮かぶプールを眺めている。

スポンサードリンク

「そーいや・・・
我が水球部存続が決まったのはいいが、この旧都高のプールは取り壊すんだったな・・」

ハマジ
「・・ですね。」

中島
「だな・・」

「よくここで盗撮したっけ・・」
「ああ・女子の着替え覗いたよな・・・」
「思い出は尽きねえ・・」

ハマジ
「そっち!?」

中島
「今はシーズンオフだし・・
もうこのプールを使うことはねーんだな。」

堀口
「そっか・・
何か思い出に残るものでも持って帰るか・・」

中島、堀口

という事で、全員で女子更衣室を見に行くことに。
(今日は練習休みなので)

しかし、行ってみると、意外にも萩原の姿が。

萩原

掃除しに寄ったと言う。

中島が、プールが取り壊される前にいろんなところを見ておこうかと・・と説明すると、

萩原
「ああ・・言ってなかったっけ。
取り壊しは1年後なの。
だからまだこのプールは使うのよ!」

ということで男子は解散。

ハマジはなんとなく男子更衣室に入る。

あまりの汚さに呆然としていると、萩原が入ってくる。

萩原
「おっハマジ君も掃除!?
やっぱ、自分たちが使うところはきれいにしたいよね。」

という流れで、ハマジ、心ならずも男子更衣室を掃除することに。

萩原

終わって、二人で帰っている。

萩原
「ハマジ君ってさ、1年の途中から入部してきたのに1番頑張ってるね!」

ハマジ
「いっいや、俺なんか・・・
先輩がいろいろ面倒見てくれたから・・・」

スポンサードリンク

萩原
「ホントだよ!
あたしたち2年は来年はもう引退だからね・・・
いい後輩が出来て良かった。」

ハマジ
「引退・・」

萩原
「問題は部員が少ない事ね。」

屋内プール。

部員たちを前に、寺田の話。
「これからも他校との合同練習や練習試合をやっていく予定だ。

寺田

寺田
「萩原もどこで須磨大の監督が見てるかわからんぞ。
絶対に気を抜くなよ。」

練習試合中。

速水がシュートを決める。

速水

それを見ているハマジと中島。

中島
「へえ・・入部間もないのにすげーなー、ボーイの彼女。」

ハマジ
「はあ・・」

中島
「こないだのカップ戦でもウチで一番点取ってただろ?
ハードな練習にもいつもケロッとしてやがる・・・
ああいうのを天才型って言うのかね。
エースの萩もこれからはうかうかしてられねーだろうよ。」

その萩原、シュートを打とうとした瞬間・・

萩原

翌日の萩原。

教室で昨日のシュート外しを気にしている。
(肩は・・大丈夫だな・・・)

教室を出て、廊下を歩いていると、ばったりと真野と会った。

真野

–105話ここまで

○感想

多分、萩原の肩は大丈夫ではないでしょう。

水球は上体だけで投げるから肩は痛めやすいのかな。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑