ハレ婚 74話 鏡の中の男と女

公開日: 

そばを食べ終わった二人。
小春が「帰ろーか」というと、龍之助は後ろから小春を抱き、
「もっと一緒にいようよ。」

スポンサードリンク

龍之介
「今日の小春ちゃん、すごく可愛いよ。」

小春と龍

龍之介
「口説き方にも色々あるんだよ。」

「エラソーなこといって、ホテルに連れ込むための手口でしょ?
どーせ。」

「いいねぇ、ホテル。
どう思ってくれてもいいよ。
僕は今、キミともっと一緒にいたいだけ。
小春ちゃんは?」

「あたし・・?
あたしは・・・
・・・寒い。」

「そーだね・・・
どっかお店入ろうか。
誕生日プレゼント買おうよ。」

小春と龍

小春
「冷た!!
なにアンタの手っ。氷!?」

「末端冷え性。」

「ピアニストなのに!?」

「小春ちゃんはあったかいね~。
あっためて~。」

「触んな!
代謝あげろ!!」

スポンサードリンク

夜道を歩く二人。

小春と龍

小春
(もう、時間・・?
帰ったら龍は・・・まどかを。)

龍の服をつまんで引っ張る小春。

小春

小春、後ずさりしながら
「・・・いや、えーっと・・
すまん、トイレ!」

走り出す小春。

龍

小春、鏡を見ながら
(落ち着け・・!
帰る!
お土産買って、21時半の電車に乗って・・・
フツーに帰るぞ!よし・・っ
・・・
なんだ・・あたし。
”でも今日は他の人の事考えないで”なんて言っときながらさ

小春と龍

龍之介は小春の手を取り、二人で個室に入る。
「あんな逃げ方するんだもん・・・
ガマンできなくなっちゃったよ・・・」

小春と龍

小春と龍

拒む小春
「・・帰るっていったじゃん!!
今日中に帰るって・・!
アンタが言ったんじゃん・・!
一人で盛り上がってんじゃねーよ・・!
アタシだって・・・

小春と龍

ハレ婚なんだから・・!」

龍之介
「小春ちゃんのそーゆうとこ好き。」

抱き合い、キスをする二人・・・

–74話ここまで

○感想

ハレ婚・・・やっぱり、小春にはつらそう・・

龍之介の優しさがかえってつらさを増す時がありそうな・・・

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑