ハレ婚 76話 男と女

公開日: 

終電を見送ってホテルに来てしまった小春と龍之介。

スポンサードリンク

小春
「待って!
せめて一言連絡させて・・・!」

龍之介
「・・・なんて?」

「わかんないけど・・
でも待ってるかもしんないじゃん!
ヤダよ、あたし、こんな・・・
浮気みたいな・・・」

電話をかけようとする小春。

小春と龍

龍之介
「浮気じゃないよ。
夫婦なんだから。
(電話がつながり)
まどか、僕。
今日は帰れない。
うん、おやすみ。」

龍之介、電話をおいて
「今日はもう・・・

小春と龍

ケーキを食べているゆず。
「別にぃ~、いいけどぉ~?
誕生日くらいぃぃ?
2人っきりで楽しくヤったらい~じゃない?」

ゆず

ゆず
「でもぉ、穏やかじゃないのはアンタの方か。

まどか

まどか
「・・・寝るわ。」

まどか

スポンサードリンク


ベッドの中の2人。

小春
「出来ないね・・・
ゆずやまどかのこと忘れるなんて。
無理だ。

龍之介
「でしょ。」

小春と龍

龍之介
「そーだよ。
だから余計なことは考えずに、楽しんだ方が、かしこい。」

小春
「そー簡単に割り切れないっつーの!
ゆずじゃないんだから。」

「うん。
胸見ればわかるよ。」

「顔でわかれよ!!」

小春と龍

小春と龍

龍之介
「えぇ?
なんだって・・・?」

小春は両手で顔を覆ったまま・・

そして龍之介が小春にグッと迫ると・・・

小春と龍

小春
「好き・・・!
龍・・・好きっ。」

そしてついに!

小春と龍

龍之介
「僕も好きだよ・・・
愛してるよ。」

初めて一つになる二人。
その嬉しさをむさぼるように抱きしめる。

–76話ここまで

次回 ハレ婚 77話へつづく

○感想

よかった。

小春の誕生日に初めてとは、いい思い出になりますね。

でもまどか・・泣いてたのかな。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑