コウノドリ TRACK2 (ドラマ4話の原作)切迫流産-前編

公開日: 

※ネタバレしています。ご注意ください。

スポンサードリンク

一組の夫婦(田中さん)が車で病院に向かっている。
奥さん(陽子さん)が妊娠中で、少し腹痛がするので見てもらいに行くらしい。
昨日の健診では順調と言われたので、大したことないだろうと話している。
しかし奥さんが一言

「破水したかも・・・」

田中さん夫妻、病院に到着し、診察が終わり、ベッドで横になっている。

そこにサクラと下屋が来て、状態を説明する。

以下、サクラの説明。

前期破水を含む、切迫流産。
つまり、流産になりかけている状態。
赤ちゃんは今、21週と1日で、推定体重は420g。
心拍は確認できているが、今すぐ出産となると、助からない。

田中さんが下屋に
「でも、下屋先生、昨日の健診で順調だって、言いましたよね!」

下屋はうつむいている。

サクラが代わりに説明。

「切迫流産は僕らにもほぼ予測がつきません。
なので、症状が出てからの対応しかできないんです。」


「じゃあ、どうしたらいんスか?」

以下、サクラの説明。

赤ちゃんの救命率は、お腹の中にいる時間が1日・・1週間・・・長くなるごとに上がっていく。
高位破水なので、羊水が残っていて、赤ちゃんが助かる可能性はある。
助ける場合、入院してもらい、絶対安静(トイレもすべてベッドの上)。
最初の目標は24週、推定体重500g(ここまでくると赤ちゃんの救命率50%)
24週で出産した場合、赤ちゃんには合併症があって、脳性麻痺・視力障害・慢性呼吸不全などが起こる可能性が高い。

サクラ
「今お話ししたことを踏まえて、2日以内にお2人で決断してください。」


「決断?」

サクラ
「赤ちゃんを助けるのか、助けないのかをです。」

サクラたちが去っ後の田中さん夫妻。

あまりにも残酷な決断を迫られ、陽子さんは混乱している。

田中さん夫妻


「ふざけんな!
母親にかわいそうなんて言われたら、今必死に腹ん中で頑張っているこいつはやってらんねーだろ。
俺は逃げねえぞ。
こいつの親だから逃げねえ・・
時間がなくたって、真剣に考えて悩んで、ちゃんと決めてやるんだ。
俺だって、障害を持って生まれた子がどんな思いをするのか、その親がどんだけ大変なのか想像がつかねえよ。
でも産まれてきてほしい。
お前にはつらい思いをさせるかもしれねえけど、この子にできることは全部してやりてえよ。
だって、10年も待った、俺とお前の赤ちゃんじゃねえか。」

田中さん夫妻は妊娠の延長希望を病院に伝える。

未だに落ち込んでいる下屋にサクラは、医者として、するべきことをちゃんとやれと、喝を入れる。

スポンサードリンク

入院5日目。

破水は収まっているが、羊水は増えていない。

夫は仕事をしばらく休み、奥さんに付き添うことに。

23週3日目。

サクラはベイビーとして、ライブの準備をしていた。

そこに下屋からオンコール。

ベイビー

下屋
「田中さんの陣痛が始まり、赤ちゃんの心音が落ちています。
24週まであとちょっとだったのに・・・
カイザーなのですぐ来てください。」

サクラ
「下屋、それってお前の判断?」

下屋
「勿論です。早く来てください・・赤ちゃんが・・」

サクラ
「カイザーはできないよ。」

下屋
「分娩回避できず、赤ちゃんの心音が落ちてるんですよ。
すぐにカイザーしないと、田中さんの赤ちゃんは・・・助かりません。」

–切迫流産前編ここまで

○感想

2話でもそうでしたけど、母体をとるか、赤ちゃんをとるかの選択は残酷ですね。

サクラがカイザーはできないよ、といった理由もその辺でしょうか。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑