コウノドリ TRACK10 (ドラマ7話の原作)自然出産と帝王切開【前編】

公開日:  最終更新日:2015/11/23

※ネタバレしています。ご注意ください。

スポンサードリンク

出勤前の小松。母親の仏壇に手を合わせている。

妊婦(森さん)診察中のサクラ。

森さんは健康状態もよく、体重も理想的。

毎日5キロ歩いて体重コントロールしているという。

森さん
「食事にも気をつけていますし、甘いものも食べません。
私は絶対、助産院で出産したいんです。」

森さん

サクラ
「・・・そうですか。
今のところは問題ないですが、妊娠出産には予測不可能なことが起きる場合もあるので、その時は産科医が介入することもあります。」

森さん
「陣痛促進剤とか使いたくないし、帝王切開は絶対いやなんですけど。」

サクラ
「陣痛促進剤は必要な時しか使いませんし、帝王切開も必要な時にしか行いません。」

森さん
「私は絶対、自分の力で産みます。」

サクラ
「絶対・・・」

森さん
「私は自然に任せて産みますから。」

森さんが帰った後、サクラは看護師に話をしている。

「今回の森さんのような自然派志向の妊婦は増えているね。
まあ、助産院で出産するにしても、妊娠中3回は、提携している病院で健診を受けることになっているしね。
自然派志向の妊婦の中には産科医を毛嫌いする人もいるんだ。
でも、助産院でお産をしたいという人は、自分で産むんだという意識が高いから、それはいいことだと思うよ。」

休憩室で小松と四宮がカップ焼きそばを食べている。

テレビにはペルソナと提携している、ののむら助産院の院長が出ている。

ののむら院長

ののむら院長
「すべての妊婦さんに楽しくお産をしてほしいんです。」

四宮
「そりゃ、何か問題が起きたらウチに流すんだから、楽しいのかもね。」

ののむら院長

小松
「まあ、確かに助産院は扱う出産が少ないから、助産師が妊婦一人に関わる時間も長いし、きめ細かいケアができるからね。」

四宮
「きめ細かいケアなんてこと、助産師が言っているから、サービスうんちゃらいう妊婦や、自然に産みたいなんて言う妊婦が増えるんですよ。」

小松
「はあ?」

四宮
「母体と児が無事に出産を終えることが最良のケアでしょ。
今時産科医のいない助産師だけの助産院で出産ができること自体、おかしいことだと思いますけどね。」

小松
「コラコラ四宮先生。
だいたいあんたら産科医は妊婦のこともロクに見ないし、助産師の意見も聞かないでモニターばっか見てさ、すぐ帝王切開だかと言って腹きり過ぎなだよ。」

四宮
「それのどこが悪いんですか?
10人に一人は帝王切開が必要な出産なんですよ。
母体がなくなる率を下げて、児の救命率を上げてきたのは今の周産期医療ですよ。
つまり、助産師だけの出産なら、1940年代と、さほど変わらないんですよ。」

小松は「んなこたわかってるよ!」といって、出て行ってしまった。

少し前から二人のやり取りを聞いていたサクラ
「おい、四宮、どうしたんだ・・」

テレビではののむら院長のあとに先ほどの森さんが出演していた。

スポンサードリンク

ベンチにサクラと小松が腰かけて話をしている。
四宮とやりあった件である。

小松は四宮のいう事がもっともだといっている。
ただ、自分の育った家が助産院だったので、悪く言われると腹が立つと。

小松の回想

父親は小松がまだ小さい時に出て行ってしまい、母親が一人で助産院を切り盛りしながら育ててくれた。

しかし、

グレ小松

ある日、警察に補導された小松を母親がひきとりに来た。
そして、その日、小松にお産を見学させる。
はじめて見るお産に感動した小松は、その後助産師になった。

小松
「でも、その数年後のお産でさ、亡くなったんだ、赤ちゃん。」

提携先の病院も、小松の母親も落ち度はなかったが、母親はそれを機に助産院を止めてしまった。

小松母は、「あの赤ちゃんは、毎回病院で診察を受けていれば、助かっていた」といっていた。

小松
「だから、助産院を悪く言われるとさ、なんだか母親の悪口言われてる気になっちゃうんだよね。」

サクラ
「すべての助産院を悪く言うつもりはないですけど・・
僕も四宮と同じ意見です。」

サクラと小松

–自然出産と帝王切開【前編】ここまで

後編はこちらから

○感想

今回、初めて小松さんの過去が明かされました。

助産師のお母さんに育てられたのですね。

普段から、仕事が恋人と言っている小松さんの仕事への思いがわかりました。

後編はいよいよ森さんの出産です。希望通りの出産ができるのでしょうか。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑