コウノドリ 135話 進行

公開日: 

シリーズ子宮頸がん編第5話。

初期のがんの可能性が見つかった市川マイさんは、再検査を受けることに。

スポンサードリンク

サクラ
「市川さん・・・
コルポスコピー検査とは、
コルポスコープという拡大鏡で観察して、怪しそうな病変・・
つまり、より悪いと思われる箇所をとって検査します。
痛みはそれほどありませんが、内診台に上がり、膣鏡を入れたままの検査になるので、それが少し苦痛かもしれません。
検査が終われば、普通に帰れますが、組織を取った後なので、数日間は出血があります。
自然に止まりますが、よっぽど出血が増えた場合は遠慮なく言ってください。」

マイさん
「先生・・検査結果はいつ出ますか?」

夫

検査を終えてマイさんが出てくる。

気が気でない夫は

夫

マイさん
「病院なんだから静かにしてよ。」

検査結果は1週間後とのこと。

それを聞いた夫
「オレ・・一週間寝れないわ!」

マイさん
「どーせ爆睡するんでしょ。」


「えっ。」

夜、夫婦の寝室。

夫婦

マイさん
(神様・・・
赤ちゃんと私を守ってください・・・)
「お願いします。」

・・・そして一週間後の朝・・・

テレビの占いを見るマイさん。

おとめ座のマイさん、本日1位
パートナーと行動をともにすると一発逆転のチャンス。
ラッキーアイテムは紅白の物。

夫が起きてくる。

一緒に検査に行ってくれるという。
(占いのチャンス行動パターン。)

そして、ラッキーアイテムの紅白の物は・・・

朝食が梅干しと冷ややっこ。

しかし、占いを聞く前にトーストの準備をしてしまっていたので、主食はトースト・・・

マイさんの検査結果を見るサクラ。

思っていたよりがんが進んでいるらしい。

上皮がん

上皮がんだったら初期のがんで、妊娠中は何もせずにようすがみれる。
しかし、検査の結果、がんはさらに広がっていて、がん細胞が上皮にとどまらずに浸潤を始めていた。

次は・・円錐切除という検査をすることになる。
円錐切除の結果が良ければ、そのまま出産まで妊娠を継続できるが、悪ければ、子宮摘出も検討しなければいけない。

スポンサードリンク

マイさんと夫に検査の結果を説明するサクラ。
「市川さんは当初、上皮内がんと呼ばれる本当に初期のがんで、妊娠中は経過観察だけで何もせず、治療は分娩後に検討していけばいいものと考えていました。
しかし検査の結果・・・
明らかにそれより進行したがんです。」

息をのむマイさん。
ショックを受ける夫。
「そんな・・・」

円錐切除


「その手術を受ければ終わるんですか?」

サクラは円錐切除はあくまで検査のための手術だと説明。
そして、検査の結果、もし進行していることが分かった場合は

「治療を待つことはすすめられません。」

マイさん
「それって・・・
赤ちゃんを諦めろってコトですか?」

サクラ
「妊娠の継続はまだ何とも言えません。
まずは円錐切除を行って、その結果を待ちましょう。」

マイさんは円錐切除の赤ちゃんへの影響を心配している。

サクラ
「たしかに、円錐切除により早流産のリスクは上がります。
手術直後はお腹のはりや、破水なども心配ですし、妊娠中は出血量も増えます。
通常の円錐切除なら日帰りの場合もありますが、妊娠中は一週間以上の入院が必要だと思います。
そして、病理検査の結果が出るのは、術後2週間後です。」


「そんなにかかるんですか?」

マイさん
「・・・
手術は早い方がいいんですよね?」

サクラ
「来週の火曜日でどうですか?」

マイさん
「私が助かるにはまずその手術を受けるしかないんですよね?」

サクラ
「はい。」

マイさん
「わかりました。
私はこの手でこの子を育てたい・・・
だから鴻鳥先生・・・
よろしくお願いします。」

–135話進行

○感想

がんを宣告されるショックは本当に大きいと思います。
しかも、最初の妊娠という、希望に満ち溢れた状態からなので、なおさらだと思います。
長い2週間になりますね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑