クダンノゴトシ 28話 辻元光其の五、桜井千鶴其の四

公開日:  最終更新日:2016/04/18

3月7日、千鶴の実家。

スポンサードリンク

お母さん
「びっくりした~。
急に帰ってくるんだもん。
しかもこんな早朝にぃ・・・
電話やメールくらいできるでしょう、千鶴!?」

千鶴母

千鶴
「ごめん、携帯壊れてて。」


「すみません。」


「光くんも甲府なんだって?」

「あ、はい・・
城東です。」

「同郷がきっかけで2人は付き合うようになったと・・・
そんなとこ?ふむふむ。」

千鶴
「その話はまたするよ。
それよりちょっと訊きたいことが・・・」

「朝ごはんほうとうでいいよね!」

「ちょっとお母さん・・」

「すぐできるって!」

ほうとう


「お墓に?
入れたわよ。
お父さんの手帳。
なんかわけのわからない日記みたいのが書いてあったわよ。
ほら、お父さんあんなことになっちゃったでしょ?
気持ち悪い内容だったから処分するつもりだったんだけど・・・
何となく気が咎めたから、お祓いしてもらってお骨と一緒に入れたの。」


「気持ち悪いって・・・
どんな・・」


「牛がどうとか・・・」

光と千鶴


「正直あまり覚えてないや。
いつまでも引きずってちゃ良くないしねぇ。
何でそんな事聞くの?」

千鶴
「あのね・・お母さん。
私たち・・・」


「オレ・・・
千鶴さんとの将来を真剣に考えてます。
だからお父さんの本当のことが知りたくて・・・」

千鶴、驚く「光・・・?」


「気に入った!

千鶴母


「そ~ね~。
手帳を取り出したくてもさすがに朝の7時前じゃね~・・・
後で私からお寺さんには言っとくから・・・
食べたらあなた達一度寝なさい!
目の隈がひどいよ!?」

千鶴
「ありがとうお母さん。」


(一刻も早く墓を開けたいが・・・
仕方ない。)

二人、布団に入り

千鶴と光

部屋の梁を見て千鶴の父親が命を絶った様子を思い浮かべる光。

千鶴父

スポンサードリンク

そして二人が目覚めると・・・既に夜。


「うわっ・・・やっちまった・・
もう夜だよ・・・」

千鶴
「ん?光?」


「てか・・・12時間以上寝てるし・・・
墓は明日だな・・・」

千鶴が書置きを見つける。
「母さん、急患で病院に呼ばれたみたい。」


「ああ・・・産婦人科の看護師さんだっけ・・?」

千鶴
「ご飯はできてるからチンしてって。
お風呂も沸いてるってさ。」

光は風呂に入ることに。

脱衣所で脱ぎながら
(なんだかな~。
電気つけっぱなしだし・・・
元気ってか・・
豪快ってか・・
見かけと違って肝っ玉母さんだよな~。
んとに調子狂うわ・・・
なんかこういうの久しぶりだな。
ゆっくり飯食って、寝て、風呂に入って・・・
日常って、いいもんだったんだな。
取り戻そう。
諦めずに・・・」

などと考えながら浴室に入ると・・・

美雪

「わああああああああ」

風呂から出て3人、居間にて。

「チーちゃんと幼馴染の加藤美雪で~す!
高2の17歳で~す!」

美雪

千鶴
「も~、ミーちゃん来たなら声かけてくれれば・・」

美雪
「だって二人ともぐっすり寝てたし~・・
にしても光くん、気配まったく感じなかったよ~~?
確信犯だったりして。」

千鶴、光を見る。
「・・・・」


「いやいやいや。
考え事してたんだって・・・」

美雪
「ねえチーちゃん・・
もしかしておっぱいまた大きくなった?」

美雪

「大きくなったよねー!?
ちょっと触らせて!」

「ミーちゃん!!」

美雪
「私も結構成長したんだけどな~。
チーちゃんにはかなわんな~・・・
食べてるものかな~」

自分の胸に手をやる美雪。

光はじっと見ている。

千鶴、光を睨む。
「・・・」


「あっと・・つい・・ついだって・・」

千鶴
「じゃ私もお風呂入ってくるね。」

「おう。」

「いってらっしゃい!!」

居間には光と美雪。

美雪
「ねぇねぇ光くん・・・
2人ってさ~、結婚の約束とかしてんの?」

「してないしてない!」
(今朝のあれは、そーいうんじゃないしな・・)

「な~んだ、つまらん!」

「ミ・・ミーちゃんは結婚願望とかあったりするわけ?」

「ない!
ロックじゃないし!」

「あ・・そ・・」

「ところでさー。
明日ってどっかいくの?」

「ああ・・・千鶴の父さんの墓にちょっとね。」

「ふ~ん・・
早く東京に帰った方がいいと思うけどな。」

「・・・・なんで?」

美雪

–28話ここまで

次回 クダンノゴトシ 29話へつづく

○感想

伸司の弟、聡介ちゃんといい、美雪ちゃんといい、7人を取り巻く人からも情報が入りだしているのが恐ろしい。

お母さんも何かを知っていて、墓に行かせないために(もしくは自分が先に墓に行くために)飲み物とかに睡眠薬でも入れたのかな。

ほうとう美味そう・・・

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑