七つの大罪 166話 そこに芽吹くもの

公開日: 

真・霊槍シャスティフォル
第二形態 ”ガーディアン” とドロールゴーレムが対決!

スポンサードリンク

ディアンヌ
「さっきまでとヌイグルミの形が違う・・・?」

ドロール
「・・・形状が変化した?
グロキシニア、あの現象は一体?」

グロキシニア
「さっきまでのができそこないのまがい物だとすれば今度のは本物っスよ。
生意気にも一応は神樹の真の力を引き出せるんスね」

ドロール
「面白い!」

ドロールゴーレムは猛烈な連続攻撃をガーディアンに仕掛けるが、ガーディアンは構わず打たせている。

そして・・

ガーディアン

ガーディアン

メリオダス、バン、エリザベス、エレインも見ていて、驚いている。

ディアンヌ
「・・・! 
ハーレクイン!すごすぎるよ!
どうして今まで本気を出して戦わなかったのー!?」

グロキシニア
「へえ~やるっスねえ・・・。
けど、どうもキミには相当な負荷のようっスね~?」

キング

ディアンヌ
「ハーレクインどうしたの?」

キング
「なんでもない。
オイラなら・・・平気・・・さ。」

ディアンヌ
「とてもそんな風には見えないけど・・・?」

その時蔦がディアンヌの体に絡まってきて

ディアンヌ

グロキシニア
「さっきの攻撃で現役妖精王はもう満身創痍。
まずは邪魔な巨人族を片づけさせてもらうっス。」

スポンサードリンク

ここでキングは
真・霊槍シャスティフォル
第二形態 “インクリース(増殖)”
でディアンヌにからまる蔦を全部切断!!

ガーディアン

ディアンヌ
(蔦が切れた!)

グロキシニア
「何!?・・・と言いたいところっスけど残念!」

空中で再生していくグロキシニアサーバント

グロキシニア
「妖精王のキミなら植物の生命力の凄まじさくらいわかるっスよね?
無茶に無茶を重ねての反撃だったんだろうけど無駄でした~!
・・・ねえ?ゲラード。」

ディアンヌ
「ハーレクイン・・・
元に戻っちゃったよ。」

キング
「いいんだ・・・狙い通りさ」

ディアンヌ「え?」

キング
「空中(あそこ)ならキミを守れる!
真・霊槍シャスティフォル。」

グロキシニア
「ま・・・さか どこにこれ程の余力が!?」

キング
「第一形態 “霊槍(シャスティフォル)” 」

ディアンヌ

キング

今度ばかりは再生不可能なほど粉々になったグロキシニアサーバント。

グロキシニア
「あそこまでチリヂリにされちゃあ仕方ないっス。
あたしの代理は負けでいいっス。」

ディアンヌとキング

どうしてそんなに無茶してまで・・・
ボクを守ってくれるの・・・?」

疲れ切った顔で笑って見せるキング。

しかしその時!

キングの顔面に強烈な一撃!

地中に埋まっていたはずのドロールゴーレムが這い出してきたのだ!

倒れているキングにドロールゴーレムは更に殴り掛かろうとする。

咄嗟にキングをかばいに行ったディアンヌ。

その結果・・

ディアンヌ

ディアンヌはキングを守った!

キング
「ディアン・・・ヌ・・・!」

ディアンヌ
「こんなにボクを熱い気持ちにさせておいて・・・
勝手にしなせないんだから!」

–166話ここまで

次回 七つの大罪 167話へつづく

○感想

どうやらキングの思いはディアンヌに伝わったようです。

ドロールゴーレムはなかなか打たれ強いようですが、倒せるのでしょうか。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑