ワンピース 820話 犬と猫に歴史あり

公開日: 

クジラの木からの帰り道。
ルフィ達一行。

スポンサードリンク

ネコマムシ
「そうか!見覚えある麦わら帽子やと思うた!」

ルフィ
「イヌアラシもそう言ってたな!
みんなシャンクスの事知ってんのか!」

イヌアラシ
「ネコも私も一時、ロジャーの船に乗っていたのでな」

ルフィ
「えー!?お前らも海賊王のクルーなのか!?」

イヌアラシ
「・・・それも言い方一つだが・・・
私達は常におでん様の従者として船に乗った”白ひげ”のモビーディック号に乗っていた時も。」

ウソップ「は?」

イヌアラシ
「そこからおでん様がロジャーにスカウトされた時もいつもそばに。」

ウソップ
「ちょっと待て待て!
“白ひげ”!?」

イヌアラシ
「世代で言えばシャンクスやバギーの様な“見習い”達に近い若僧だったのだ。」

ウソップ
「おい待てストップストップ、頭の中が追いつかねェ!」

ネコマムシ
「しかしわしら2人は“ラフテル”へは同行しちゃあせんぜよ。」

ウソップ
「・・・!・・・!? 
えーとまず・・・
白ひげの船におでんとイヌとネコが乗ってて・・・!?」

ネコマムシ
「いやァ思い出すにゃあ!
楽しかったぜよあの頃は!

ネコマムシ

海外へ出る事自体が罪!
かたやおでん様は閉ざされた自国の法にずっと疑問を持ち続けた異端児だったのでござる!」

錦えもん
「拙者達も“白ひげ”やロジャー達とは彼らがワノ国に上陸した折に面識はある。
義理固く悪い人間とは思わんが・・・
海賊船に“大名”が乗り込むなど前代未聞 家臣としては・・・」

モモの助「・・・」

ルフィ
「とにかくじゃあみんなシャンクス知ってんだな!レイリーも!?」

雷ぞう「おお勿論」

フランキー
「ロジャーの船に乗ったんなら・・・
それはおれの船造りの師匠!
トムさんの造った“オーロジャクソン号”だぜ!」

雷ぞう
「何と!船大工トムの弟子か!」

ナミ

ナミ

私達はトラ男君に会って、偶然ビブルカードでこの“ゾウ”に来て・・・!
偶然“ロードポーネグリフ”の情報に辿り着いたけど・・・!
確か・・・双子岬のクロッカスさんの話じゃ。
“ログ”を辿れば最後には全ての航路が1本にまとまるって・・・
私・・・そこにラフテルはあるのかと・・・」

ネコマムシ
「クロッカスか!
懐かしいにゃあ!
クロッカスは元気かよ!?」

ルフィ
「元気だったぞ?!
会ったの2年前だけど!」

ネコマムシ
「奴は昔ずっと、ある海賊団を探しよって。」

ブルック
「それ全滅した私の海賊団です!」

ネコマムシ「え?!?」

ナミ、怒
「ちょっと聞いてる!?」

イヌアラシ

ナミ
「え?・・・どういう事!?」

スポンサードリンク

イヌアラシ
「本来ならば・・・
その“ログ”の終着点で初めて“気づく”のだ
“ポーネグリフ”と“古代文字”の“謎”に・・・!
“それ”を生み出した文明と 見えぬ最後に島“ラフテル”の存在に!
ロジャーはそこから大きく冒険をやり直した。」

ナミ「!」

イヌアラシ
「クロッカスも海賊王のクルー・・・全てを知る者の1人だ。
ゆガラ達が嫌いでない限りウソはつかん。
ゆガラ航海士か?
しっかりしているな・・・!

イヌアラシとナミ

皆

わかかったゆえ。」

ウソップ
「成程・・・
曖昧ってウソつけ!
ロジャーは20年以上前にしんでるよ!
誰と勘違いしてんだ!」

ネコマムシ
「ゴロニャニャニャ!
おでん様の冒険は濃厚じゃき、いずれまとめて話しちゃるぜよ!」

錦えもん
「さて・・・
これからまだカイドウと戦うまでにやる事は多々ある!
準備が必要でござる!
先刻話した様に“ワノ国”においても、現在共に戦う“侍”達を募っておる所!」

ネコマムシ
「その間にわしらも会いたい男がおるぜよ!
戦力が増えて困りはせんきにゃあ」

ルフィ「誰だ?」

ネコマムシ
「元“白ひげ海賊団”一番隊隊長“不し鳥マルコ”!」

一同「マルコ!?」

マルコ

フランキー
「そうか!
おめぇら友達なのか!
加勢してくれんのか!?
いや!・・・でもあいつら1年前の事件で。」

イヌアラシ
「まぁ期待はするな。
見つけたとしても希望は薄かろう。」

頭を抱えるルフィ「
おれ知ってるハズなんだけどなーマルコか・・・」

ルフィ

ネコマムシ
「マルコ率いる白ひげ海賊団の残党達とティーチの黒ひげ海賊団の大激突!
世に言う“落とし前戦争”から1年 隊長達の消息はばったりと消えたけんど・・
生きちゃああるのならマルコの行方には少々心当たりがあるぜよ!」

ルフィ
「おいおいおい!
あいつら“黒ひげ”と戦ったのか!?」

ロビン
「そうよ・・・
両者援軍を含むかなり大きな戦いだったわ・・・
そしてマルコ達は惨敗した。
“黒ひげ”が“四皇”に名を連ねる様になったのはこの戦いの後からよ・・・!」

ルフィ
「そうだったのか!
くっそ~黒ひげ!」

ウソップ
「大事件だったぞお前コレ。」

ルフィ
「頂上戦争でおれ、意識を失った後、白ひげ海賊団に命を守って貰ったって聞いてんだ。
また会って礼を言いてぇなー!」

ネコマムシ
「・・・つまりわしらにしてもまだ準備する時間は欲しいがよ。」

ルフィ
「そうか!わかった。
じゃあ1度別れて集まる場所を決めねぇとな!」

錦えもん
「拙者達はワノ国にて同志達を増やし作戦を練る!」

ゾロ
「戻って大丈夫か?
将軍に狙われてんだろ?」

錦えもん
「しかし国の同志が心配ゆえ。」

ロー
「ウチの潜水艇があれば航行中は安全だ・・・
後は島に隠れる場所さえあれば。」

ネコマムシ
「わしは部下を連れてマルコを探しに出る、集合はワノ国じゃな。
錦えもんのビブルカードを作ろう。」

錦えもん「うむ」

ミンク族

「雷ぞうさんの無事と!」
「2人の王の手打ちの祝いと!」
「無事落ち合えた光月家の祝いだァ~!」

雷ぞう
「おのれミンク族・・・
どいつもこいつも!
忍法・・・“大好きの術”~っ!忍!忍!」

ミンク達「雷ぞう~!」

ナミ

ブルック
「それに落ち込んだりした時、誰が音楽を奏でるんですか!?」

ルフィ「あ」

ナミ「それはいいでしょ」

ブルック
「ちょっと仲間外れやめて下さいよ!
一緒に目の前でサンジさん連れてかれた仲でしょう!?」

ルフィ
「錦えもん、こいつら連れてくけどいいか?」

錦えもん
「仲間を取り戻そうとする者を誰が止められようか!
本来拙者も同行したい所!
サンジ殿には恩があるのに・・・すまん!」

フランキー
「こっそり潜入が微妙になってきたな・・・
式をぶっ壊したらすぐ逃げて来んだぞ!?」

ウソップ
「サンジを頼むぞ!」

ロビン
「あ、ルフィ 万が一“ポーネグリフ”に出会ったら“写し”1枚お願い。」

ルフィ「いいぞ。」

ウソップ「買い出しか!」

ロビン
「私も“ワノ国”でカイドウの方の“ポーネグリフ”を調べておくわ。」

その時、地面が大きく傾く。

ルフィ

–820話ここまで

次回 ワンピース 821話へつづく

○感想

ジャックの攻撃が始まりました。

撃退できるのか。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑