ワンピース 822話 下象

公開日: 

ジャックの艦隊による攻撃で足にけがを負ったズニーシャ。
チョッパーが治療にあたる。

スポンサードリンク

チョッパー
「よし!これでいいぞ!」

ミヤギ
「現“サクラ王国”の医学に加え、”トリノ王国”の薬学!
素晴らしい しっかり止血されている。」

チョッパー
「えへへ・・・森にいい植物がいっぱいあったからな!」

ミンク達
「さすがチョッパー先生!」

チョッパー
「そ・・・そんなにホメられたって嬉しくねーぞコノヤローが。
えへへへ。
だけど包帯を替えるのも一苦労だぞ。」

ミヤギ
「それは我々が責任を持って!」

ミンク達
「おう!任せてくれ!」

ミヤギ
「“象主(ズニーシャ)”は千年続く我らの大地!
生まれた日からずっとある安心の中で忘れてしまっていたかもしれない。
今日改めて気づかされました。
我々はいつでも・・・
この偉大な“命”の上に生かされているのだという事を。
・・・それはいつか終わりが来るもので、意志があるのなら・・・
今、こう聞いてみたい・・・!」

チョッパー「?」

ミヤギ
「“千年もの時間をかけて”・・・
“一体どこへ”
”向かっているのか”と・・・!」

モコモ公国クラウ都。

錦えもん
「残る?」

モモの助「うむ。」

錦えもん
「残ってどうなされる。」

モモの助
「どうすればよいのかはわからぬ!
されど・・・かなうなら今いちど話してみたいのだ!
ズニーシャと!
千年を生きた者と!
・・・なぜせっしゃの声は届いたのであろうか?
よもや光月家の何かを知っていまいか!?」

錦えもん
「成程しかし・・・
我々にはワノ国で待つ者達が・・・」

イヌアラシ
「いいぞ錦えもん。
私はまだこの“ゾウ”をカイドウの脅威から守らねばと思っていた。
どの道、一気にワノ国にはなだれ込めまい。
しばしここに残るつもりだ、後でお連れする!」

錦えもん
「そうか、すまぬ!
・・・では一旦四手に分かれる事に!

行先

問題は伝達手段でござるが、海外には“かたつむり”を使ってその・・・」

イヌアラシ
「“電伝虫”か・・・
だがこの国にもそれを使う文化がなくてな・・・」

ロビン
「“野生”の子が森にいたわよ?」

フランキー
「必要ならおれが作ってやろうか?簡単だ」

錦えもん達「え?」

クジラの森、ガーディアンズ居住区のはずれ。

ルフィ「お~い。
あーっ!
ペコマムシん家が潰れてるー!
大丈夫かー!?
返事しろー!」

甲羅で無事のペコムズ
「ここだ、問題ない」

ペコムズ

ルフィ「亀!?」

ペコムズ、甲羅から顔を出して
「・・・まったくゆっくり安静にもできやしねェっ!ガオ!」

ルフィ
「お前、カメマムシだったのか!」

ペコムズ
「なるほどとうとうペコムズのペの字もなくなったな!ガオ!
おれはカメカメの実の能力者だ!
そして甲羅は“ダイヤモンド”の硬度を誇るっ!」

ルフィ
「チョッパーがお前のこと責任持って治療するって!」

ペコムズ
「なるほど!
ダイヤモンドに対するレスポンスはなしか!
・・・ガオ!
あァ、治療はありがてェ。
恩が重なっちまうな!」

ルフィ

ガーディアンズ居住区。

ペドロ「旦那!」

ネコマムシ
「ん?ペドロ」

スポンサードリンク

ペドロ
「サンジはこの国の恩人・・・!
この国で攫われた・・・!
少数で行くとはいえ・・・
ペコムズをのぞいて。
ミンク族が誰1人加勢しねェってのは仁義を欠きます・・・!」

ネコマムシ
「・・・ゆガラ、一緒に行きたいがか?」

ペドロ「はい!」

シシリアン
「抜けがけはよせ!
ペドロ!

三銃士

ワンダ
「それなら私に行かせてくれ!
ずっと一味と共にいた!」

トリスタン
「私も・・・!
チョッパー先生の助手としてどうか!」

ロディとBB
「おれ達ァルフィと戦った縁があるぜ!?
ペドロさん!」

ヨモ牧師"

一同
「何の役に立つヨモ牧師!」

犬のミンク達
「し体男爵の骨をいつまでもしゃぶっていたい!」
「私も!」
「おれも!」

ペドロ
「ただの願望だろう!
黙れ犬一族っ!」

ネコマムシ
「皆の心はわかったきに!
・・・けんどここはペドロに任せい。」

シシリアン
「なぜです旦那!」

ネコマムシ
「ペコムズがおるきに・・・!」

シシリアン達「あ・・・」

ネコマムシ
「あガラを抑えられるんはペドロしかおらんきのう!」

ナミ

ナミ
「わ!のびた!
ちょっと長すぎよウソップ。」

ウソップ
「説明を聞けよ、伸ばしすぎだ!
練習が必要なんだ。
こいつはわずかな力加減で自在に伸縮する新しい“天候棒(クリマ・タクト)”だ!
お前から預かったウェザリアの装置は全部組み込んだが1つだけ・・・
シャボンディで言われた魔法のステッキってのがよくわからず・・・
お前次第?」

ナミ
「持ち易い回し易い。
さっすがウソップー!」

ナミははしゃいで雷を落としまくる。

ミンク達
「危ねェ危ねェ!」

雷ぞう
「何と上等な忍術を!」

ナミ
「素敵。
これこそが“ウェザリア”の天候科学の集大成!
私の求めてた“魔法の天候棒(ソーサリークリマ・タクト)”よ!
ありがとう。ウソップ。」

照れるウソップ
「いやいや それで材料費なんだが・・・」

ミラージュ=テンポで姿を消すナミ

ウソップ「逃げんなー!」

ゾウの正門。

ルフィ達

ペコムズ
「な・・・なぜペドロの兄貴が・・・!ガオ」

ペドロ
「昔からゆガラをよく知る者としてついてゆく!」

ペコムズ
「どういう意味だガオ!」

ゾロ
「いいか・・・あいつの事だ、鼻の下のばして結婚を喜んでる可能性もあるぞ。」

ウソップ
「バカ言えって否定できねェ!」

ルフィ
「ま!なる様になるよ!」

錦えもん
「ではルフィ殿!
ワノ国にてお待ちしておる!」

フランキー
「対カイドウ用の兵器作っとくぜ。」

ゾロ
「おれがワノ国の侍達をまとめ上げといてやる!」

カン十郎
「・・・ではそれがしが下象の手伝いを。」

ルフィ
「いいよカン十郎!」

ルフィは腕を伸ばして全員をまとめて飛び降りる

ルフィ達

残ったもの「ええええ~!」

ルフィ「ワノ国で会おう!」

ゾロ「おう!」

ウソップ
「くれぐれもビッグ・マムには見つかるな!相手は海の“皇帝”だ!」

ルフィ
「ああ!行って来るー!」

落下しているルフィ達。

かくしてルフィのサンジ奪還チームは、ケンカを売った四皇ビッグマムの待つ、ホールケーキアイランドを目指す。

ビビ

–822話ここまで

次回E ワンピース 823話へつづく

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑