ワンピース 811話 ROKO

公開日: 

10日前にサンジたちが”ゾウ”に到着したとき、国中が毒ガスに覆われていた。

スポンサードリンク

ミンク族は瀕死の状態。
それを見たシーザーは笑っている。
「シュロロロ・・・震えたぜ、あの威力!!

シーザー

シーザー
「おいおい、敗者をイイ者だと決めつけるんじゃねえ!!
ミンク族は人間嫌いと戦闘能力の高さで有名な一族。
ほっといた方が身のためだ。
助けた瞬間、こっちがやられるぞ!!」

そこに噴火雨が降り、木の上に避難したサンジたちはナミの叫び声を聞く。
シーザーに毒ガスを消しておくようきつく言ったあと、サンジはナミ救出に向かう。

ナミのもとに到着したサンジはシープスヘッドたちを一蹴。

サンジ

ジンラミーたちは去っていく。

一方、シーザーは中和ガス”ROKO”を出して、町に充満する毒ガスを中和した。

ミンク族救出に奔走するチョッパー。
「みんなー、早く来てくれー!!」

しかし、サンジらは改めて町の惨状に唖然としている。

サンジたち

そこに、サンジやナミもジャックの仲間と勘違いしたワンダがナミに爆弾をもって襲い掛かる。

ワンダ

しかし、ナミが助けたミンク族の女の子とペドロが事情を説明し、ワンダは落ち着く。

そこにチョッパーが怒ってやってくる。
「何してるんだお前たち!!
ガスが撒かれてからもう1日以上経過してる。
このガスは48時間以内に解毒処置をしなきゃみんな手遅れになる!!
国中の奴らを助けるには1秒だって惜しいんだ!
病院はどこだ!?
器具も薬品も足りない!
人手があるなら全員集めてくれ!
おれは医者だ。
言う事をきいてくれ!!」

ワンダ

必死の救助活動の結果、多くのものが元気を取り戻す。

チョッパー達

チョッパー達

そして現在。

ワンダ
「私たちが何者かも知らないのに・・・
見捨てず助けてくれた。
この恩は一生忘れない。
いつか必ず恩返しする。」

ワンダは、ナミに抱きつき、顔をペロペロなめる。

フランキー
「うおおーん!イイ事したなー、おめえら~!誇らしいどおれァ!!」

ウソップ
「そんなに壮絶だったとは・・・おれ達が歓迎された理由はよくわかった。」

ルフィ
「しっかしジャックって奴、腹立つなー!!
いつかカイドウと一緒にブッ飛ばしてやる!!」

ブルック
「・・・ですがジャックは絶命したという新聞記事が・・」

ワンダ
「・・・とても信じ難い、当人を目の当たりにしたらな・・・」

スポンサードリンク

ここでチョッパーは立ち上がり、

チョッパー

ルフィもブルック一緒に行きたいといい、ワンダがワーニーを出してくれるという。
結局、みんなで行くことに。

ルフィたち

ブルック
「これは、こっそりと起きた大事件。
たった2日前の出来事。
どうか覚悟してお聞きください。
サンジさんはもう・・私たちのもとには戻ってこないかもしれません。」

ショックを受けるルフィ。

ブルックは続ける。
「ここは幻の島・・・
島自体が生物であるので、”記録指針”でもたどり着けず、普通なら見つけることもできない場所。
ですが、私たちには失態と、盲点がありました。
完全に引き離した敵船に・・・まず、

ビッグマム

サンジ失踪に四皇の影!?

–811話ここまで

○感想

チョッパーの活躍はかっこよかった。

サンジ失踪のいきさつは非常に気になります。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑