DAYS 146話 無言の背中

公開日: 

前回最後、風間と新納のマッチアップ。
新納の視界から風間が消えた!

スポンサードリンク

新納
「な・・・」

つくし
「風間君!」

風間

すぐさまクロス!

水樹だ!!

が、キーパーも出てる!!

どっちだ!?

水樹

ど真ん中フリー!!

そこに大柴!
「永遠に眠れ!!」

大柴

聖蹟応援席
「うおおおお、何してんだ!!」
「まさかの空振り!!」

一星、外にクリアー!


「おいおい、小学生でも決めるぞ。」

鎌田
「ゴールを焦ったな。」

大柴
「愛嬌、愛嬌。」

君下
「てめーが永遠に眠れ。」

観客
「つーか、さっきの新納、簡単に抜かれてたけど、風間は何をしたんだ?」

風間
「頼むぞキーチマン。」

つくし
「どんまいでーす。」

ここで由比ヶ浜の木戸による解説。

谷口
「消えた?」

木戸
「錯覚ってやつです。
リプレイを見る限り風間は5つのフェイントをかけています。」

風間

木戸
「相手に近づくにつれ、体の振り幅を大きくしていたのがポイントです。
全ては最後のフェイクで新納の視界から完全に消えるため・・
とはいえ、やろうとして本番でいきなりできることじゃねえ。
心臓の太え奴だ。」

谷口
「結局陣はほとんどボールに触ってないのか。」

松本
「タッチ数の多い新納とは真逆の、異常なクイックネスのキレがもたらすプレーだな。
何人にも見えた風間が一瞬で消えたかと思うと想像するだけでぞっとするぜ。」

新納
「ちぇっ」

風間、ニカッ
「1対1、これで同点。」

新納、イラッ

相庭
「ほー、大したもんだ。」

観客
「やっぱ風間は持っただけで違いを生むな、水樹もすげえし。」
「大柴もよく走りこんでたよ。」
「やっぱり聖蹟は魅力的なチームだな。」

また聖蹟だ!!
遠目から君下の強力ミドル!!

これはゴールポストを直撃。

ゴールラインを割る。

スポンサードリンク

聖蹟は攻撃陣が躍動し、一星を押し込む!!

大柴
「この下手くそが、決めねえなら俺にパスしろ!!」

君下
「てめえが言うな!!
凡ミスしやがって!!」

つくし

甲斐
「攻め急いでいる?」

丸岡
「ああ、聖蹟にはまだでかい不安要素があるからな・・・
追加点が一番の薬に違いないが・・・」

ここで再び水樹のシュート!

しかしこれは一星のDFが身体を張ってクリアー!!

こぼれた球を神村が拾う!!

神村、カウンターを狙ってロングパス!

鈴木達のオフサイドトラップ

相庭

いや、オフサイドじゃない!!

臼井が残っていた!!

相庭が仕掛ける!!

臼井がつくも、相庭はそのままシュート!!

相庭

聖蹟危なかった!

早瀬
(おいおい)

灰原
「・・・」

新戸部
「・・・」

来栖・白鳥
「猪原守護神ナイスキー!!」

監督
「新戸部、アップをしておけ。」

新戸部
「いやっ、でも・・」

監督
「しておけ」

新戸部
「・・・はい」

一星のコーナーキック!!

猪原が再び止める!

風間妹
「アンビリーバボー」

丸岡
「いよいよもって人間じゃなく見えてきたぜ」

猪原


「・・何かって何すか?」

鎌田
「あるんだよ、キーパーにはそういう日が。
技術的なことでは測れない何かが・・・」

臼井
「猪原・・・」

猪原
(臼井・・・)

猪原、すれ違いざまに臼井に
「俺からは何も言わんぞ。
今までもこれからも。」

あまりにらしからぬ臼井に聖蹟の選手たちは言葉を失っている。

早瀬
「・・・今まで臼井におんぶにだっこだったからな。
たまには恩を返さねえと。」

鈴木
「ですね。」

聖蹟集中!

–146話ここまで

次回 DAYS 147話へつづく

○感想

キーチマンの空振りはうけました。

君下の「てめーが永遠に眠れ。」は納得。

臼井はなかなか立ち直れませんね。

大柴は立ち直るのは得意だけどバカですし・・・

うまくいきませんね。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑