コウノドリ 146話 産科ミッドナイト

公開日: 

シリーズ第2話!
(作中は145話になっているが、146話)

前回最後、トイレで倒れているところを夫に発見され、救急車で運ばれた長谷川さん。

スポンサードリンク

長谷川・妻
「下痢もひどくて、夕方からずっと吐いていて、何も食べられません。
上からも下からもで、ずっとトイレにこもってて・・・」

ゴロー
「つらそうですね。」

「はい・・」

「あの・・・長谷川さん。
他のご家族に同じ症状のかたはいませんでしたか?」


「え・・・」

ゴロー
「恐らく冬のこの時期なので・・・
ノロウィルスかなと思うんですけど。」

ゴロー

ゴロー
「だけど、脱水やお腹の張りなどには注意してくださいね。」


「あの・・・
もし飲める下痢止めの薬があれば、妻も少しは楽になると思うんですが・・・」

ゴロー
「ノロウィルスはウィルス性の胃腸炎で、治療薬はないんです。
下痢止めは返って回復を遅らせてしまいますし・・・
1日、2日で症状が治まるので、それまではしっかりと水分をとって、休んでください。」


「じゃあ、点滴とかしてもらえませんか?」

ゴロー
「・・・
奥さん、水分はとっていますか?」

長谷川・妻
「え・・・
このスポーツドリンク2リットルを夕方から3本飲みました。」

ゴロー
「それなら大丈夫ですよ。
家に帰ってゆっくり休んでください。」

長谷川・妻
「あの先生・・
電話もしないで来てしまってごめんなさい。
私前に一度流産してて・・・」

ゴロー
「・・・・」

長谷川・妻
「この子はまだ17週だし、胎動もわからないから心配で・・・・」

ゴロー
「長谷川さん。
エコーで赤ちゃんが元気か見てみましょうか。
きっと安心しますよ。」

長谷川・妻
「・・・はい。」

ゴロー

小松
「いやいや、ウチらは帰る。
今日も夜勤だから帰ってゆっくりするよ。」

看護師
「お疲れ様でーす。」

四宮
「おい赤西。
お前、ボーっとしてないで朝の回診行けよ。」

「・・はい」

スポンサードリンク


19時。

小松が出勤してきた。
「うい~す。」

看護師
「あっ小松さん。
お疲れ様でーす。」

小松
「今夜はどんな感じ?」

小松

小松
「今日の当直は・・・・四宮先生か・・・」

助産師、電話を受けて
「39週の経産婦の森さん・・・
陣痛の間隔がまだ10分前後で不規則なんですけど・・・
来てもらいますか?」

小松、パソコンで確認。
「ちょっと待って・・・
森さんは・・・
前回は初産で2時間か・・早いね。

四宮
「今回は1時間ってとこですかね。」

小松
「そうだね。
すぐ森さん病院に来てもらって。」

「はい。」

小松
「これで3つある分娩室は全部まるか・・・」

四宮
「今夜は忙しくなりそうですね。」

小松「そうだね。」

四宮
「小松さん・・

助産師、電話を受けて
「38週初産婦の水野さん・・
陣痛7分おきらしいです。
電話だとまだ余裕そうですけど・・・
どうしますか?」

四宮
「特にリスクはない妊婦だな・・・」

小松
「うん・・・
でも来てもらっておこう。」

19時25分。

看護師
「38週の初産婦の水野さん来られました!」

小松
「先に水野さんが来たか・・・
でも1つ空いている分娩室には後から来る経産婦の森さんを入れよう。
水野さんは初産だし、まだかかると思うから病棟で見れると思うし。」

看護師
「そうですね。」

病室で水野さんを診ている四宮。

小松
「・・・四宮先生、水野さんどんな感じ?」

四宮
「小松さん、ほぼ全開!」

「え・・・」

四宮
「このまま分娩室で水野さん診るから準備して。」

小松、泣き
「まじ?」

水野さんを分娩室に運び・・・

小松
(これで分娩室は全て埋まった・・・

小松と四宮

助産師からの報告
「四宮先生、小松さん・・・!
分娩室2の田代さん、お産になります!」

「よし!」

「四宮先生、田代さんが終わったらすぐ移動お願いしよう!」

田代さんのお産は無事終わり・・・

小松
「・・・ふぅ、何とか間に合ったね。」

四宮
「・・・ですね。」

小松
「田代さん。
本当はここ、分娩室でゆっくりしてもらいたいんだけど、次があって・・・
だからナースステーションに近い部屋に移動してもらって、2時間くらい様子見させてもらっていいかな?」

田代さん夫婦
「・・・・
わかりました・・」

看護師
「四宮先生、経産婦の森さんが来られました~。」

四宮

四宮
「・・・・」

小松、走る!

その走る小松に女性が声をかける。
「小松さん」

小松
「おっ、当直なの?

下屋

下屋
「はい・・・
救命のパシリです・・・
夜食と・・加瀬先生のアイス。」

小松
「あっごめん・・・
今破水した妊婦さんが来てさ・・・
ここにかかってない妊婦さんみたいなんだよ・・・」

下屋
「へ~飛び込み妊婦か・・・」

–146話ここまで

次回 コウノドリ 147話へつづく

○感想

小松さんと四宮先生、結構息が合った仕事してるじゃないですか。

久々の下屋先生登場でした。

このシリーズ、救命が絡むのでしょうか。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑