ワールドトリガー 139話 ROUND5夜の部

公開日: 

実況・武富
「玉狛第二と香取隊のエース対決で幕を開けた ROUND5夜の部」

スポンサードリンク

武富
「玉狛の仕掛けた新戦術で 最初の接触は香取隊がダメージを負う展開!
ワイヤー地帯を抜けようとする香取隊を空閑隊員が追撃する!

ユーマ

出水
「思った以上に空閑とスパイダーの組み合わせがいいな。
グラスホッパーもそうだけど、空中戦は軽いやつのほうがキビキビと動ける。
前回使ってなかったってことは、ここ何日かで新しく覚えたんだろうが・・
ワイヤーのあるとこじゃ空閑を捕まえるのは相当難しいぞ。

離れたところから空閑対香取隊を見ている柿崎隊の巴。
「玉狛はスパイダー使ってるみたいです。
香取隊が追われてます。三浦先輩の左手がないです。」

照屋「どっちを狙いますか? 隊長」

柿崎
「香取隊だ。
玉狛の新戦法はデータが無ぇ。
先に手負いの香取隊を獲る。」

香取隊オペレーター・染井
「柿崎部隊が寄って来てる。
仕掛けてくるよ。」

香取隊へ向けて照屋・巴が銃撃。

武富
「柿崎隊の横撃!
だがこれは読めていたか。
応者する香取隊!
玉狛第二は香取隊を追わず!
ワイヤーがないところでは無理はしない構えか!」

ユーマはワイヤーにぶら下がって銃撃戦を見ている。

ここで巴が弧月を振りかざし、三浦を上部から攻撃。

巴

柿崎

若村は肩に銃弾を食らう。

武富
「柿崎隊 巴隊員が敵陣の守りを崩した!
柿崎隊が射撃戦を有利に進めている!
三浦隊員が片腕を失ったのが響いてますね。」

出水
「スコーピオンならまだしも、重さのある狐月やレイガストはバランスが崩れてかなりきついはず。
そもそも火力差が2対3だからなー。
撃ち合いの圧力は柿崎隊のほうが上だろ。」

防戦一方の香取隊。

香取
「アタシが斬り込むわ!」

若村
「バカか 集中砲火で落とされるぞ!」

香取
「じゃあどうすんのよ!
このまま撃ち合っても勝てないでしょ!」

オペレーター・染井
「3人とも わたしの指示通り動いて。」

武富
「おっとこれは・・・!?」

香取隊

三浦
「・・・華!このままじゃ削りころされちゃうよ!」

出水
「・・・いや。」

染井
「大丈夫。」

柿崎隊のオペ・染井
「ザキさん後ろ!」

空閑と修が背後から柿崎を攻撃。

柿崎
「玉狛・・!」

若村と香取
「今だ、撃ち返せ!!」

挟まれた柿崎隊は一旦離脱。

武富
「ここで玉狛第二が柿崎隊を攻撃!
柿崎隊は挟撃されるのを嫌ってか一時退却!
香取隊は玉狛第二に救われた形か!」

時枝

武富
「しかし玉狛が動かなければ香取隊はそのまま壊滅もありえたところ。」

出水
「玉狛が動くっていう目算があったんだろ。」

時枝
「玉狛第二は遠征部隊目指してますからね。
上に追いつくには大量点がほしい。
他の隊に点をたくさん”減らされる”のは避けるだろうと香取隊は予測したのかもしれません。」

武富
「さあ3部隊それぞれ距離をとる。
戦況は一時膠着状態か?」』

出水
「どこも3人揃ってるから、無理に動く必要はないな。
次の一手をどう打つかで試合の流れが決まってくる。」

スポンサードリンク

ワイヤーゾーンにいったん退避した修と空閑。


「空閑 実戦でワイヤー使ってみてどうだ?」

ユーマ
「かなりイイね。
まだ動く相手には当てづらいけど、機動力勝負なら負ける気がしない。」


「よし、このままどんどん張っていこう。」

千佳

またまた揉めてる香取隊。

若村
「いいか葉子!
もう勝手な動きすんなよ!」

香取
「勝手な動きって・・
負けてないんだからいいじゃない。」

若村
「お前が無傷なのはオレと雄太がガードしたからだろが!」

香取
「そんなの別に頼んでないし。
アタシを守るのはアタシがいないと勝てないからでしょ?
恩着せがましいのやめてくれる?」

若村「てめぇ・・・!」

三浦「まあまあ・・」

時枝
「この膠着は玉狛第二に有利ですね。
好きなだけワイヤーを張れる。」

桜子
「確かに。玉狛は着々とワイヤー地帯を広げている様子。
他2部隊はこれにどう対抗するのか!」

柿崎隊。

照屋
「玉狛は無視しましょう。
わざわざ罠に飛び込む必要はありません。」

柿崎
「だな。
普通に香取隊を追いつめれば、玉狛もさっきみたいに出張ってくるかもしれない。」

香取隊。

香取
「玉狛は遠征狙いだから点がほしいはずでしょ?
うちと柿崎隊が競り合ってれば手を出してくるはず。
ワイヤーがないとこに引きずり出すのよ。」

若村
「そのほうがいいだろな。
柿崎隊とは正面切って撃ち合いたくねえ。
細かく隠れて隙を突くぞ。」

三浦
「玉狛のレッドバレットの狙撃は盾じゃ防げないよ。
射線には気をつけて。」

武富

千佳

時枝
「放っておけるかな。」

戦場を穿つ一撃!
玉狛第二は止められない!!

–139話ここまで

次回 ワールドトリガー140話へつづく

○感想

香取隊は染井に救われました。

香取はわかってんのかな。

千佳の銃撃が強力すぎるような・・

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑