コウノドリ 147話 助っ人

公開日: 

シリーズラスト!
(作中は146話になっているが、147話)

前回最後に運び込まれた飛び込み妊婦(山口さん)。

スポンサードリンク

山口
「・・・・とりあえずびしょびしょになって・・・
私すごく焦っちゃって・・・」

四宮
「山口さん、今何週ですか?」

山口
「先生、赤ちゃんは大丈夫ですよね!?」

四宮
「今何週?」

山口
「さ・・34週です・・・
あ・・あの赤ちゃんは・・・」

「かかってる病院はどこです?」

「かかってる病院は・・・・

山口さん

小松
「県外・・・・」

四宮
「34週の妊婦が旅行って・・
主治医から止められなかったんですか?」

「主治医の先生にはやめた方がいいって言われたんですけど・・・」

「じゃあなんでやめなかったんです?」

「親友の結婚式で・・・
どうしても出席したかったんです!」

「・・・
だったら尚更止めるべきでしょう。
34週で無理して地方から結婚式に出席して・・・
お腹の赤ちゃんに万が一のことが起きたらどうするんです?
幸せ絶頂な親友のせいにするんですか?
・・・・
では診察しましょう。」

ナースステーションに下屋が来ている。

サオリ(看護師)
「あれ・・・下屋先生」

下屋
「サオリちゃん、今日の当直って誰?」

「四宮先生です。」

「よかった!
で、四宮先生は当直室?」

「今診察中です。」

「あー、例の飛び込み妊婦か・・・
じゃあこれ渡しておいて。」

「なんです?」

2ジャムパン

診察を終えて。

四宮
「完全な破水ですね。
赤ちゃんも元気で2400g以上はあります。
しかし逆子の状態です。」

山口
「はい・・・
なので来月帝王切開になる予定でした。」

小松
(先に言えって・・・)

山口
「あの先生・・・
このまま来月までもちますよね?」

「もたないでしょうね。」

「え・・・」

「破水すると24時間以内に陣痛が来ることが多いので・・・
今回はできればその前の出産が望ましい・・・
明日帝王切開になるでしょうね。」

「え・・・・」

「じゃあ今から地元に急いで帰らないと・・・」

「それは無理です。
このまま入院してください。
赤ちゃんは早産になりますが、34週・・・
2400gあるので、大きな心配はないでしょう。
ただ、赤ちゃんは未熟な面があるので、2週間程度の入院は必要になるかもしれません。
奥さんは術後の経過が問題なければ、1週間で退院できます。
ご主人はもうホテルに戻ってもらって結構ですよ。」


「え・・・
あの・・明日地元に帰る予定だったんですけど・・・」

「そうですか・・・
ならば明日以降はどこかホテルを探してください。」

スポンサードリンク

四宮と小松はナースステーション。

四宮サオリからジャムパンを受け取って
「下屋が?」

サオリ
「はい。
下屋先生が四宮先生にって。」

「・・・
ふ~ん。
どーせ押しつけがましく置いていったんだろ。
こんな夜中に食えるかよ。」

小松
「だったら私がもらうよ。」

四宮と小松

山口さんの病室から看護師
「今さっき入院した山口さん・・・
だいぶ張ってきています!
今胎児心拍陣痛モニターをつけていますが・・・
6~7分おきです!
朝までもたないかもしれません。」

四宮
「わかったすぐ行く・・・」
(くそ・・・
サクラたちが来る日勤までもってほしかったが・・・)

病室。

山口
「痛・・・」

四宮
「子宮口2センチ・・・
もう朝まで待たない方がいい・・・
深夜だがカイザーするぞ!
オペ室に連絡!
あとNICUとご主人にも・・・」

「はい!」

小松
「山口さん、手術の準備でバタバタするけど頑張って!
もうすぐご主人もくるから!
四宮先生、鴻鳥先生にコールするよ。」

四宮「はい。」

四宮ふとポケットに手を入れるとジャムパンが。
「・・・・
小松さん、ちょっと待って・・・」

下屋

手術中。

四宮
「下屋・・・
救命の方は大丈夫だったのか?」

下屋
「はい・・・
今夜は人手も足りてましたしそれに・・・
あそこじゃあ私はまだペーペーですから。」

下屋

山口さん

手術室から廊下に出て

小松
「下屋先生おつかれ~。
どうだった久々の産科は?」

下屋
「やっぱり赤ちゃんはいいですね~。」

四宮
「下屋・・・
止血早くなったな。」

「え?」

下屋

四宮

–147話ここまで

次回 コウノドリ 148話へつづく

○感想

久々の下屋先生のオペシーン。

やっぱり救命で鍛えられて上達しているようですね。

四宮、サクラ両先輩を抜くかも?

高級ジャムパン美味そう。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑