リアルアカウント 65話 凡人

公開日:  最終更新日:2016/04/20

スマホのアプリを通してしか見えない迷路・・・
歩きスマホ必須の・・・歩きスマホ迷路。

スポンサードリンク

あやめ
「ルールはわかったけど・・・

あやめ

何とか1歩を踏み出すものの、足がすくんで座り込むあやめ。
(落ち着け落ち着け・・・・
これまで何度もし線をくぐり抜けてきたじゃない!
こんなの、こんなのー・・・
そっか・・・
これまでゲームはいつだって誰かが・・
向井がっ・・・
そばに・・・!!
一人きりが・・・
こんなに怖いなんて・・・)

そんな事を考えていると、タタタタタッと走って行く音が。

パルくん

速い!
当然スマホなど見ていないのに・・・
これは動物的直観!!

次は上を見ると、迷路から落下した人が!!

この女性、三角(みかど)マルキ。

三角マルキ

しかしこれは意図的に落ちたもの。

キレイに着地して
「犬ルート侵入成功。
後は記憶済みの同じ道筋をたどるだけ。
まさしく賢者のみが王道を行く・・・というやつだ。」

別のところでは芽賀コータ(クイズ王)がやはりスイスイ走って行く。
「”トレモーアルゴリズム。
19世紀の数学者、エドアールリュカによるあらゆる迷路を攻略可能な解法。
僕の頭にすでに入っちゃってんねん。
僕めっちゃ頭いいねん。」

蔵科ミズキが女性と向き合っている。

ルートが交わったらしい。

斗部コトコ

女性
「どうぞお先に~って言いたいところだけど、その前に・・ちょっと・・絶命させてもらってもいいかしら。」

ミズキ
「・・・アハ。
ボク・・お姉さん知ってるよ。
連続○人犯、斗部コトコ。
ボクの自○サイトにキミに家族をころされた人が来たから知ってるんだ。」

コトコ
「まあ!恥ずかしいわ。
こんな格好で・・・
拘置所から移送される手続きに手間取って・・・
おめかしする時間がなかったの・・・」

ミズキ
「いいよお。じゃあ絶命させあおっか。
ボクもおねえさんと同じ攻略法思いついてたから・・・」

「まあ。」

斗部コトコとミズキ

あやめ
「今がどんな状況かわかって・・・」

今度は下の方から視線を感じるあやめ。

韮田マモル(高校二年)

じーっとあやめを見上げている。

韮田マモル

あやめ
「こんな時に恥ずかしがってる場合じゃない。
シカトシカト・・・」

韮田マモル

あやめ、突き刺さる視線に恥ずかしさを抑えられない。

スポンサードリンク

(なんなの、こいつら!?
どいつもこいつも・・・
どうかしてる!)
「・・・まったくもうっ。
マトモなのあたしだけじゃない!
なーに、ビビりのへっぴり腰でも一歩ずつゆっくり進めば・・・」

少し進んだところで・・・

あやめ

「大丈夫、大丈夫・・・
こんなのちょっとしたスレチックだよ・・・!」

意を決して助走を始めたあやめだが・・

やっぱり無理と、へたり込んでしまう。

この時もやっぱり下から見上げている韮田。

今度はスマホで写真を撮っている。

あやめ

パニクって体が揺れ出すあやめ。
(落ちる・・落ちる・・・)

マグラがユウマに
「オーイ、王子様・・・
助けに行かなくていいのかなあ、アレ!?」

ユウマ
「別に・・・・放っとけ。」

あやめ
「あ・・あたしは・・
みんなみたいにすごくない・・・

あやめ

「タスケテェ~(泣)
悲鳴まで凡人だな、メス犬!!」

と後ろから声をかけてきたのは

カルア
(大人ビデオ女優)

あやめ、振り返ると真っ裸。

カルア
「ああ・・・
さっきどっかのアホのせいで服がゲロまみれになっちまったからな・・・
まあいいさ。
もともとこれがあたしの戦闘服!!
パンツ見られただけで頭バーンなってるどっかの処女とは違うんだよ。
助けてやろうか?
日ごろからM男吊るしてるアタシはあんた一人抱えて飛ぶなんて簡単なんだ。
ホラ・・・言って見ろ。
”カルア様、哀れなメス犬をお助け下さい”って。
なあに、ダサくなんてないよ。
お前は凡人なんだから!!
主人に仕えてなんぼだろ?
これまでの中継見てたぜ。
ユウマ君におんぶにだっこ。
とっくに立派なメス犬だよ!?
自覚しろ!!」

この間も二人をずっと撮影している韮田。

あやめ
(・・・その通りだよ。
あたしが生き残れたのは・・・
向井のおかげ。
あたしは一人じゃ何もできない凡人・・・

あやめ

あやめ、見事に着地。

ユウマ
「だから言ったろ。
放っとけって。」

あやめ
「飛べた・・・飛べた飛べた・・・
へへっ」

そしてカルアに向かってこの顔。

あやめ

アヤメ
(クリアしてやるっ。
このゲーム・・・
誰でもない、自分の力で・・!)

ユウマ

–65話ここまで

次回 リアルアカウント 66話へつづく

○感想

裸を、これがあたしの戦闘服と言い切るカルア。

ちょっとかっこよかった。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑