コウノドリ 148話 デキる男

公開日: 

新シリーズ開始!

NICUで看護師に淡々と注意する先生。
ちょっと雰囲気がギスギス。

スポンサードリンク

「・・・・
ねえちょっと、
この赤ちゃんの担当誰?」

「え?私です。」

「赤ちゃんのシーツに血がついてるから替えてあげて。

工藤

工藤

ゴロー
「41週の安西さん、全開になってどれくらいですか?」

サクラ
「うん・・・
2時間かな・・・」

ゴロー
「ちょっと進みが悪くなってますね。」

「うん・・・
ようこん(羊水混濁)があるから長引かせたくないな・・・
ゴロー君、ちょっと見てくるよ。」

「わかりました。」

院長
「2人とも、ちょっといいかな?」

工藤

サクラ
「産科の鴻鳥です。」

「赤西です。」

院長
「いや~、工藤先生は実に面白い経歴でね~。
教えようかな、どうしようかな~。
教えちゃう!」

サクラ
「今急いでいるのでまた今度で。」

院長、ショック!。

工藤
「何かあったんですか?」

サクラ
「41週の初産婦なんですが、全開から2時間が経っていて、ようこんもあるので長引かせられないんです。
じゃあ、工藤先生、よろしくお願いします。」

「はい。」

走って行くサクラ。

工藤

分娩室。

安西さんがいきんでいる。

サオリ(看護師)
「小松さん!
赤ちゃん160あった心拍が60まで下がって回復しません!」

小松
「こいつはちょっと焦るな・・・
鴻鳥先生呼んで!」

サクラ
「もう来てますよ。」

小松「早いね。」

サクラ
「安西さん、つらそうですね。
サオリちゃん、安西さんに酸素チューブ。」

「はい!」

サクラ
「赤ちゃんの心拍もどらないな・・・
小松さん、すぐ吸引(分娩)しよう!」

「らじゃ~」

安西さん夫婦は少し不安げ。

小松
「サオリちゃん、吸引カップ!」

「はい!」

サクラ、手袋をはめて
「安西さん・・・
ちょっと内診しますね。」

スポンサードリンク

サクラ
「・・・
安西さん、赤ちゃんからしんどいサインが出ています。
子宮の入り口は10センチで全開なんですが・・・
赤ちゃんの頭の位置がまだ高いんです。

吸引機

安西夫婦
「お願いします。」

サクラ
「小松さん、エヌ(NICU)の先生呼んで。」

「あいよ!」

白川
「もう来てますよ。」

小松「アンタも早いね。」

白川
「工藤先生から鴻鳥先生に呼ばれるかもって言われたんで・・・
ちょっと様子見に着ました。」

工藤「・・・・」

サクラ
「そうですか。」

小松
「鴻鳥先生、吸引いけます!」

「うん。」

小松
「安西さん、次の陣痛で吸引するよ!
赤ちゃんも頑張ってる・・・
だからしっかりいきんであげてね!」

安西
「ぐ・・陣痛きました。」

サクラ

工藤

小松
「圧力20・・・・
30・・・
40・・・
よっしゃ、安西さんいきんで。」

「ぬあっ」

生まれた!

「おめでとうございます!」

小松
(・・・・
こりゃあ、羊水もかなり濁ってるし・・・
赤ちゃんも思ったよりしんどそう・・・)

サクラ(・・・)

続けて工藤が気道吸引。


「生まれた・・・」

安西
「あの・・・鴻鳥先生・・・
赤ちゃんて・・・
泣かなくても平気なんですか?」

サクラ
「・・・・・
大丈夫です。
今、新生児科の先生が、赤ちゃんが泣き始めるより先にしっかり気道内の吸引をしているんです。」

赤ちゃん「ふみゃ~」

夫「泣いた・・・」

安西「うん・・・」

白川がふ~、と一息ついているところへ

工藤
「白川先生・・・
早めにエヌに連れて行きましょう。」

「え・・・」

白川

白川、安西さん夫婦に説明。
「・・・・
赤ちゃんですが、最後ちょっとしんどかったみたいなので、治療が必要です。」

安西「治療?」

白川
「はい・・・なのでいったん赤ちゃんをお預かりしてまたあとでお話しますね。」

工藤、赤ちゃんを抱いて
「ほ~ら、ママに生んでくれてありがとうって言おうか~。」

白川

工藤
「白川先生、行きましょう。」

「はい・・・
赤ちゃんは大丈夫です。
僕らがしっかりみておきます。」

休憩室でカップ焼きソバを食べているサクラと小松。

小松
「・・・・新しいエヌの先生良さそうじゃん。
安西さんもちょっと安心してたし。」

サクラ
「そうですね。」

「それよか鴻鳥先生・・・
安西さんの赤ちゃんの呼吸みた?」

「見ましたよ。
恐らく・・・胎便吸引症候群でしょうね。」

–148話ここまで

次回 コウノドリ 149話へつづく

○感想

白川先生がイマイチなのかもしれませんが、工藤先生の手際の良さが際立っていました。

経歴、ちょっと気になります。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑