ワールドトリガー 141話 香取のミス

公開日: 

修 VS 香取隊!

スポンサードリンク

香取隊が修に迫っていく。

修はアステロイドを放ちつつ、次々にワイヤーを張っていく。

香取はワイヤーを切りつつ修を追う!

香取
「ワイヤーなんか 目が慣れてくれば丸見えなのよ!」

染井
「狙撃警戒!」

香取

香取、物陰に隠れる。

香取
「チッ・・・レッドバレット狙撃・・・!」

ユーマ VS 柿崎隊。

巴と照屋の2人は追尾弾(ハウンド)でユーマを狙う!

ユーマ

桜子
「玉狛の砲撃を止めるため あえてワイヤー地帯に踏み込んだ柿崎隊と香取隊。
玉狛第二は二手に分かれてこれを迎え撃つ!
柿崎隊サイドは弾幕で押してやや広い婆所に出た!
ここなら空閑隊員を包囲できるとの考えか!」

時枝
「MAPの下調べはバッチリですね。」

桜子
「しかし・・・空閑隊員が柿崎隊長に至近距離でまとわりつく!
隊長を巻き込む恐れがあるため下手に射撃はできない!」

照屋は銃を孤月に持ち替える。

桜子
「柿崎隊は近距離戦用にシフトチェンジ!
それを見るやワイヤー機動に入る空閑隊員!
これはかなり作戦を練ってきている動きだ!」

柿崎
(空閑を捕まえられねえ。
ワイヤーが邪魔だ。)
「ワイヤーを斬っていけ!
このままじゃ不利だ!」

巴「了解!」

桜子
「柿崎隊がワイヤーを排除しにかかる!
これは空閑隊員 捨て置くわけにはいかない!」

ユーマ対巴

ユーマ対巴

空中の巴を千佳が狙う!

巴

落ちたところを・・・

ユーマ対巴

戦闘体活動限界 ベイルアウト。

桜子
「崩しからの鉛弾狙撃がきれいに決まった!
巴隊員ベイルアウト!
先制点は玉狛第二!」

出水
「相変わらずグラスホッパーの使い方がおもしれーな。」

時枝
「この1点は大きいですね。」

桜子
「1人減って空閑隊員がかなり楽になった。」

柿崎隊作戦室。


「すみません わけわかんないままやられました。」

宇井
「いまのは仕方ないわ~。」

スポンサードリンク

宇佐美
「柿崎隊にはレッドバレットがばれてなかったからうまくいったね。」

千佳「はい!」

香取
「1人落ちた? 誰?」

染井
「柿崎隊の虎太郎くん。」

香取
「柿崎隊? ざまあみろだわ。」

若村
「そんなこと言ってる場合か!
ぐずぐずしてると空閑がこっちに来るぞ!」

ここでレッドバレットが若村をかすめる。

若村「!」

染井
「うちが玉狛の狙撃手を落とさないと 柿崎隊と連動した意味がないよ。」

香取
「わかってる!」

三浦
「三雲くんは無視して、回り込んで行くのはダメかな?」

香取
「あのメガネほっといたら無限にワイヤー貼り続けるわよ。
トリオン切れまで付き合う気?
こいつが一番うざくて一番落としやすいんだから、まずはこいつからでしょ。
麓郎が出て狙撃を引きつける。
アタシと雄太でワイヤー刈りつつメガネを刺す、いい?」

若村と三浦「了解!」

作戦通り若村が飛び出す。

千佳が若村にレッドバレットを放つが、若村はそれをなんとかかわす。

若村「くっ!」

香取「・・・今!」

香取と三浦がワイヤーを斬りながら修めがけて進む。

香取

と、ここで!

香取

香取

香取は自分で右足を切断!

三浦が香取を物陰に引っ張っていく。

桜子
「香取隊サイドにも動きがあった!
エース香取隊長が片足を失う大ダメージ!
ここで機動力を削がれるのはかなり苦しい展開です!」

出水
「ワイヤーは見切ってたっぽかったけどなー。
何か仕掛けがあんのか?」

若村は物陰に隠れて様子を伺う。

若村
(ワイヤー張ってからの砲撃といい、ワイヤー地帯に引き込んでからの動きといい・・
こっちのリアクションをかなり正確に予測してる。
相当しっかり作戦を立ててたんだろうな・・・)
「・・・くそっ・・・」

時枝
「このままじゃずっと玉狛のペースなので、出水先輩がさっき言った通り誰か1人雨取隊員を押さえに行くべきですね。」

照屋が柿崎に何やら具申している様子。

柿崎隊

–141話ここまで

次回 ワールドトリガー 142話へつづく

○感想

ほとんど詰んでいるのではないでしょうか。

まだ油断はできないけど。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑