でぶせん 65話 ケイコとミツコ

公開日: 

美人すぎる朝比奈先生の壮絶な人生が語られる・・・!!

スポンサードリンク

彼女はごく平凡な家庭に生まれ、平凡な両親の元で育てられた。
言葉を覚えるのは早く、一歳でチューリップの歌を歌いこなしたという。

朝比奈景子

小学校に入学した直後に彼女につけられたあだ名は”イカ”
その残念すぎる容姿ゆえに、早速イジメの対象となった彼女を救ってくれたのは・・・

福島満子

満子と仲良くなった彼女は、小学生時代は比較的平和な生活を送ったという。
しかし、中学に入り、一緒の中学校に進学予定だった満子は、親の仕事の関係で遠くの学校に進学してしまった。
それからが彼女の地獄の始まりであった。
さっそくイカというあだ名が復活した。
そして、まずは女子たちから上履きを捨てられる、制服を燃やされる、などの定番のイジメが始まると同時に・・

朝比奈景子

高校進学を前にして、優しかった両親が、経営している会社の倒産に伴って、自ら命を絶ってしまったのである。
失意のうちに街をフラフラ歩く彼女に夜の闇が誘惑の手を差し伸べる。

朝比奈景子

オジサン
「えっと・・・この顔は・・・
そうだ、枕カバーでも。」
※頭から枕カバーをかぶせられる

こうして彼女は処女を喪失した。
(3000円)

この日から少女は街灯の無い街角に立ち、さまざまなアニメキャラの覆面をかぶって男たちを誘い、いくばくかの生活費を稼ぐようになった。

ブローカー

拉致された彼女は覆面を取ると、女としては使い物にならないとして・・・

朝比奈景子

(なんで?なんでなの?
何でこんな事に。
ああっ。
全ては中学に入るとき、みっちゃんがいなくなった事から始まったのよ!
あたしの不幸は!)

スポンサードリンク

しかし、中南米の紛争地帯に車ごと放り込まれた彼女を待っていたのは、数奇としか言いようのない運命の渦だった。
彼女を捕らえた麻薬組織ゲリラたちは彼女を兵士にするべく、様々な技術を教え込んでいった。

ゲリラ

朝比奈景子

それからほどなくして朝比奈は、ゲリラのボス以下、護衛の手下たち12人をさつ害し、大金を手に入れ、麻薬組織のアジトを脱出したのであった。
何食わぬ顔で日本大使館に助けを求めた朝比奈は、ついに二年ぶりの帰国を果たした。
そして持ち前の頭の良さからたちまち高卒認定をゲットし、大学の教育学部に入学。
教職課程を経て、教員免許を手に入れたのであった。

朝比奈景子

男を二人連れているこのタイミングで、朝比奈は後ろから満子に声をかけられる。

景子
(ぎょぎょっ!?
みっちゃん!?
いや、わかるはずないわ。
だって小学生の時のアタシとは全くの別人で・・・)

満子
「あーやっぱり景子ちゃんだ。
久しぶりね!
小学校以来じゃない?」

景子
「あ・・あの・・・ええと・・」

福島満子と朝比奈景子


「思い出話とかも聞きたいしね。」

景子は下手に抵抗するとあやしまれることを警戒し、結局4人でレストランへ。

レストランに行くと男たちは満子とばかり話している。

景子
(どういうことなの?
こんなに美しいあたしがいるのに、男どもはみっちゃんとしか話さないし・・・
ああっ、せっかく解放されたコンプレックスが、またキングコブラの様に頭をもだげてあたしを噛もうとしている。
ダメ!この女がいる限り、あたしはいつかあの時代に逆戻りすることになるんだわ!
いえ、そもそもあたしがいじめられっ子になったのはみっちゃん・・・いえ、福島満子があたしを捨ててどっかに行っちゃったからじゃないの!
やるしかない!
だってあたしはゲリラとしてすでに何十人もころしているんですもの!
福島満子!

福島満子と朝比奈景子

この女をこの世からデリートしない限り、あたしの未来はないのよ!)

–65話ここまで

次回 でぶせん 66話へつづく

○感想

福島満子、聞きしに勝る好人物でした。

それに比べて朝比奈景子、ちょっとひどすぎる。

可哀相は生い立ちを差し引いても、恩人のみっちゃんを手にかけたとは・・・

人がいい福島満子は指輪に宿りながらも、朝比奈景子を許しているような気がします。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑