バトルスタディーズ 63話 男なら、ドンパチ。

公開日:  最終更新日:2016/05/12

檜が狩野のリードに文句をつけてきた。

それに対し狩野は
「お前の投げたい球投げろ。
ノーサインや。
オレのリードが不満なんやろ?
好きにせーや。」
と返した。

スポンサードリンク

狩野
(どーしよーもないな檜・・・
・・・しかもこんな時にバッターが砂金て・・・)


(狩野・・・
お前に今のオレお気持ちがわかるか?)

砂金
(DL政権交代や。)

檜


(俺は今・・・
人質(プリクラ)をとられてる・・・)

狩野
”オレのリードが不満なんやろ?
好きにせーや。ノーサインや”


(・・・・
そんな話ちゃうねん・・・
エース獲ろうがプロ入ろうが・・・
砂金にアレをばら撒かれたら、

檜

一方狩野はため息。

檜の
”オレのまっすぐナメんなよハゲ”
を思い出し

(ガキすぎる・・・・
なんぼ下痢や言うてもひどすぎる。
また悪い檜に逆戻りや・・・
・・・まぁまだ前半やし、一発で同点にされても、オレが打ちゃあえぇ話や・・・
みんなには悪いけど・・・
ここで砂金に一発カチ込まれたほうが、檜にはえぇかもしれんな・・・)

観客
「砂金ワンヒットや。」
「スタンド放り込め。」

砂金、守備に就いている1年の選手を見て
(・・・やっぱイケスカン・・・
どいつもこいつも名門の誘惑に吸い寄せられやがって・・・

優勝校リスト

オレはクーデター起こすために、王者DLを蹴って花忠社に来た。
時代は変わる。
俺が革命を起こす。)

スポンサードリンク

DLベンチ
「檜、1塁空いてるし、無理して勝負せんでえぇぞ!」
「花本、前ならしとこ。」

阿比留が檜に変な念を送っている。

阿比留

打席の砂金
「一打席目。
2球続けて変化球て・・・
変わったのお笑太郎。」

「あ?」

「強気な配球で有名な天才狩野笑太郎はどこ行った?」

「ザコには変化球。DLの教えや。」

プレイ。

狩野は両手を広げてノーサインのポーズ。


(・・・
えぇよ・・・
もうお前には頼らへん。
う!?)

砂金

檜

檜、ブチ切れ!
(おぉわかった、勝負したるわ。
コイツだけは許さん。
俺のプライドのつまったー

檜

檜投げた!

砂金
(やっぱ自信のインコースか。)

砂金

砂金

同点ホームラン!

えげつない打球!!

狩野「カッカッカ」

門松「う~ん。ライバル認定。」

砂金狩野檜

–63話ここまで

次回 バトルスタディーズ 64話へつづく

○感想

檜の浅はかさ、単純さを見せつけられた回でした。

狩野なしではこうなってしまうと・・・

次回は砂金の罠を粉砕すべく、狩野が動くらしいので、楽しみです。

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑