DAYS 149話 all for one

公開日: 

聖蹟の大明神、猪原が負傷退場!

監督が投入したのは1年の今帰仁。
そしてセンターバック新戸部!
1年をダブル投入!!

スポンサードリンク

観客
「センターバックの交代って・・
マジで臼井を下げるのか!?」

臼井
(仕方ない・・・
不甲斐なかったからな。
俺が監督でもそうする。)

ベンチに下がろうとする臼井。

しかし・・

ボランチの佐藤が臼井の肩を掴む。

佐藤
「俺です。」

臼井(佐藤?)

ボランチの佐藤が新戸部と交代!!

佐藤が1年2人に

佐藤

臼井

甲斐
「センターバックが3人ってことは・・・
ガチガチに守る気かよ?
だとしたら・・らしくないね。」

丸岡
「・・・・」

つくし
「こんなの練習でもやったことないよね、風間くん?」

風間、監督の方を見ながら
「うーん、ないなー。
けど、無策ってわけじゃなさそうだぜ。
あの2人は何かメッセージを持ってきている。」

佐藤がベンチに引き上げてくると、
「佐藤ナイスファイ!!」
「先輩おつかれッス!!」

監督

聖蹟の選手たちは伝言を持ってきた新戸部を囲んでシステムの確認。

臼井
「システムはやはりセンターバックを3枚にして5バックってところか。
攻め込まれているとはいえ監督も思い切ったことをするな。」

新戸部
「いや、臼井さんのポジションに俺が入ってディフェンスラインの統率と連携を俺がやります。」

臼井
「!!じゃあ俺は?」

臼井

臼井
「・・・・」

新戸部
「完璧には代わりはムリっすけど、ディフェンスリーダーは初めてじゃありません。
それにこの一年、臼井先輩と組んでイロハは教わったつもりです。」

今帰仁
「俺も猪原先輩ほど頼りにはならないでしょうけど、身体張ります。
聖蹟のキーパーですから。」

臼井

臼井
「いやー驚いた。1年のくせにずいぶん偉そうな口をきくじゃないか。
試合終わったらアレだな、
1年連帯責任だな。
学校じゃなくても外周はできるし。」

つくしと風間
(権力の鬼・・・)

新戸部
「なっ・・・何言ってるん・・・」

臼井
「任せる。全面的に。」

新戸部と今帰仁
「ハイ!!」

スポンサードリンク

試合再開。

臼井が相庭を密着マーク!!

プレーに関係ない所でもついていく!!

甲斐
「これは・・・
”アンチフットボール”」

丸岡
「聖蹟は相庭にサッカーをさせないつもりか。」

観客
「臼井は自分のプレーを完全に放棄して・・
相庭にボールさえ持たせない構えだ!!」


「高校の試合だぜ・・?
あの監督はなかなかのクセ者だな。
臼井を生け贄に差し出すことで、この試合から相庭未蘭を完全に追い出すことを選択したんだ。」

聖蹟奇策に出た!!
これには一星驚く!!

来栖
「同じチームだからわかる」

白鳥
「ああ。」

一星・南部監督
「ぐぬ、小癪な。」

聖蹟OB
「そうまでしなければ止められないということか。」
「ああ。」
「アレ相手にまともにやってもな。」

しかし相庭はニヤリ。

神村
「お前には関係ないよな。
こんなこと過去何度もあっただろ。」

神村は相庭にボールを出す。

来栖
「構わず相庭にパスを出しやがった。」

白鳥
「でも甘いぜ。
そんなパスじゃ臼井さんなら余裕でカット・・・」

臼井は動かず、相庭にボールが渡る。

相庭
「!!」

観客
「臼井チャレンジに行けない!!
やはり敗北のイメージが頭にあるんだ!!」

来栖
「おい、マジかよ・・・」

佐藤
「違う・・・」

鎌田
「わざと持たせた。
今度は勝てるという自信か・・・!!」

三度1対1!!
相庭、勝負を仕掛けるか!?

相庭、ため息を一つ。
「はあ・・・
それを何て言うか教えてやろうか。
過信だ。」

相庭が抜きにかかる!!

臼井と相庭

臼井と相庭

臼井と相庭

臼井
(本当はわかっていたんだ。
この胸のつかえの正体は・・・)

伏見
(あいつには”できること”があまりにも多すぎたから先輩の俺でさえどこかで頼ってしまう時があった。
ディフェンスラインのコントロール、キーパーとのコミュニケーション、後輩のフォロー、加えてピッチ上でのリーダーシップ。)

中澤監督
(俺はお前に背負わせ過ぎた。

”純粋な1対1なら”
”他の仕事がなければ”
”こいつの相手に集中できれば”
”チームのことを考えなければ”
”俺は決してこいつにも劣るわけがない”

そう思ったはずだ。)

「もういい臼井、もういいんだ。
俺はお前が

臼井と相庭

–149話ここまで

次回 DAYS 150話へつづく

○感想

チームの要が負傷退場とういう大ピンチを乗り越えられるか。

臼井の復活をきっかけにして、投入された2人の活躍が楽しみ!

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑