ワールドトリガー 143話 強い二人

公開日: 

ユーマにスコーピオンで身体を貫かれた柿崎。
しかし同時にユーマの脇腹を銃撃!!

スポンサードリンク

柿崎は体にひびが入っていき
「戦闘体活動限界 ベイルアウト」

桜子
「柿崎隊長ベイルアウト! 相打ちで道連れを狙った!
空閑隊員は心臓部を守ったがこの傷の深さ トリオン漏出で脱落コースか!」

ユーマ

ユーマはスコーピオンでその傷口を塞ぐ!

ユーマ

桜子
「・・・!? これは・・・・・
スコーピオンで傷穴にフタをした・・・!?」

時枝
「トリオン漏れが止まるまでの応急措置ですね。」

出水
「そんなこともできんのかよ!」

桜子
「1対1がもたないと見て 相打ち狙いに切り替えた柿崎隊長も上手かったですが
相手のほうが一枚上手でしたね」

時枝
「空閑隊員の発想力には毎度驚かされる」

出水
「とはいえ空閑もトリオンはかなり削られたはずだ これ以上ダメージを食えばすぐ落ちるぞ」

マップ

照屋
(雨取さんが一番”浮いた駒”なのは変わらない 空閑くんが来る前に獲る・・・・・・!)

若村
「柿崎さんが落ちた! 空閑が来るぞ!」

三浦
「合流される前に三雲くんを落とさないと・・・」

香取
「・・・・・・チッ
こんな雑魚メガネに粘られて・・・超イライラするわ・・・!
麓郎あんたなんとかしなさいよ! このメガネあんたより格下でしょ!?
アタシにはさんざん偉そうなこと言っといて・・・・・・」

若村
「・・・・・・」

染井
「照屋さんが狙撃を抑えに動いてる 今ならこっちは狙撃されない
三雲くんを仕留めるチャンスよ

マップ

若村「行くぞ!」

若村と三浦は動き出す。

一方の照屋。
ワイヤーのない建物の上を突っ走っる。
千佳はレッドバレットで攻撃。

照屋はいったん建物の陰に隠れる。

照屋
(近づくほど狙撃は正確になる・・・!
一発・・・あと一発だけかわせれば・・・!)

修

香取
「・・・・・・・・・
あんたたちいきなり遠征部隊目指してるんだって?」


「・・・・!?」
(話しかけて来た・・・!?)

香取
「お兄さんだか友だちだかが攫われてるって話じゃん」

桜子
「何でしょう なにかしゃべってますね 音声はここまでは届きませんが・・・・・・」

香取
「そんなサクッとA級になれるとか本気で思ってんの?二宮隊とかにボロ負けしてたくせに
”大事な人を助けるためだから” “がんばればきっと願い(ユメ)は叶う”とか思ってるわけ?」


「・・・・・・
・・・質問の意図がよくわかりませんが
ぼくが遠征部隊を目指してるのは
ただ単に自分がそうするべきだと思ってるからです」

香取、イラッ
「・・・ ムカつく・・・・!!」

宇佐美
「後ろから来てるよ修くん!」

修

修は赤いワイヤーを追加し、動線を塞いでいく。

若村
「また赤いワイヤー・・・!
!?」

若村はワイヤーに引っ掛かかって転倒。

若村
(くそっ・・・・・・!
気をつけてるはずなのに
なんで引っかかる・・・・・・)

スポンサードリンク


「スラスターON!」

修


「アステロイド!」

若村
「・・・・・・!!」

若村の周囲でトリオンが光っていく。

若村(置き弾・・・・・・!)

三浦
「ろっくん!」

若村
「こっちじゃねえ!!
ヨーコを援護しろ!!」

ユーマが上から香取を狙っている。

修のアステロイドが若村の身体を両サイドから・・

若村

さらに同時にユーマが香取に斬りかかる。

香取
「この・・・・・・!?」
(なにこの傷・・・!
ベイルアウト寸前じゃない!
一発で仕留めないと
トリオン漏れでこいつが落ちたら柿崎隊の点に・・・)

時枝
「あ」

出水
「迷った」

ユーマはそれを見逃さない。

ユーマ

三浦がフォローに入る!

しかし

三浦

桜子
「一瞬の攻防! 香取隊の二人がベイルアウト!
三雲隊長を包囲したかに見えた香取隊でしたが やはりワイヤー地帯は三雲隊のテリトリーだった! これで玉狛は4点目の独走状態!
香取隊長は追い詰められた!」

染井
「ごめん 葉子
わたしの見立てが甘かったわ」

香取
「・・・・」

香取

–143話ここまで

次回 ワールドトリガー 144話へつづく

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑