ブリーチ 673話 Father

公開日: 

恋次がルキアを背負って走っている

スポンサードリンク

その時二人の周囲に衝撃が!

ドドドド

恋次
「うおおおおッ!?」

ルキア
「な・・・何だあれは・・・!?」

ジェラルド

日番谷
「生きてたか朽木!阿散井!!
こいつはお前等が戦ってた敵の成れの果てだ!
化け物だぞ!!気をつけろ!!」

恋次
「・・・だ・・・ッ、誰だ・・・!?」

ルキア
「たわけ!声でわからぬか!!
恐らく日番谷隊長の兄上だ!」

恋次
「なるほど!はじめまして!!」

日番谷
「ああそうだ!初めまして!」

白哉
(投げたか・・・)

その時、何かを感じる一同
「!!」

見上げると・・

一護

ルキア
「一護・・・!」

一護と織姫がユーハバッハと対峙。

一護

ユーハバッハ
「抜かぬのか 随分と無防備な事だ・・・と言いたい所だが
どうやら無防備な訳ではないな
漲る霊圧が形となって見える様だ 強くなったな・・・いや、それこそが本来のお前の力だ。
さあ来い 右から来るか 左から来るか 楽しみに待とう。」

一護
「何言ってんだよ 視えるんだろ 俺がどう斬りかかるかなんて」

ユーハバッハ
「力は使わぬ 久し振りの父子の会話を愉しみたい」

スポンサードリンク

一護
「俺の親はあんたじゃねえよ」

ユーハバッハ
「黒崎一心か あれは仮初の父親に過ぎぬ
お前は既に聞いた筈だ 自身の力の根源について」

一護
「聞いたさ それが何だ
あんたは俺の親じゃねえ 
俺の親をころした男だ!」

ユーハバッハ
「母の事か 女々しいぞ一護!」

一護は剣を抜き、向かっていく

一護

「月牙天衝!!」

一護

一護

一護

一護はユーバッハの眼前に迫る!

ユーハバッハ
「・・・何を悲しむ事がある 奴はしすべくしてしんだのだ
お前を産み、我が糧となる為に生きた 何が不満だ これ以上の幸福があるか!!」

吹き飛ばされる一護

織姫
「黒崎くん!!」

ユーハバッハ
「・・・話は終わりだ 愉しかったぞ さあ 戦おうか一護」

ユーバッハ

–673話ここまで

次回 ブリーチ 674話へつづく

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑