宇宙兄弟 274話 リッテンディンガー峡谷

公開日: 

ブギーがバギーを引っ張り、エディとムッタがバギーを押す。
一行は急な斜面に差し掛かり・・・

スポンサードリンク

エディとムッタ、息切れしている。

ムッタ
「やばいぞこの斜面!
よりによって、ブライアンがこんなルートを通ってたなんてっ」
(このペースじゃ・・・
安全な時間内に基地まで帰れない・・・!)

エディ
「とは言っても、この轍を見失ったら俺たちは迷子だ。
従うほかない!
大丈夫だムッタ!
上った先には下りがある。」

回想。

ブギー
「馬力は・・

ブギー

ムッタ
(このSHARONを、基地まで運ぶ!)

轍

エディ
「左側の先にはー」

現在。

ブギー
「ダメデス!
コノ斜面デ電池が切レソウデス!」

ムッタ
「え・・・!?
こんなとこで止まんなよ!
がんばれブギー!」

ブギー
「アノ・・
私が頑張ルコト=電力がナクナルコトナンデスケドネ。」

ムッタ
「じゃあ頑張らずに上れ!」

回想続き。

エディ
「左側の轍の先には、おそらく”リッテンディンガー峡谷”がある。

ムッタ
(・・・・
リッテン・・・)

エディ
「覚えてたかムッタ・・・
この名前・・・」

ムッタ
「も・・・もちろんだよ・・・
忘れるわけがない・・・
しかも同時に、エディがやろうとしていることが分かったよ。」

現在。

上り斜面はあと少し!

うおおおおおお

ブギー
「上リ切リ・・マシタ・・・」

ムッタ
「あれが・・」

エディ
「ああ、着いたぞ。」

リッテンディンガー峡谷

ムッタ

エディ
「ニュートラルで坂を下るぞ。
バギーの運転はムッタ。
ブギーは自分で下りてくれ。」

ブギー
「了解デス」

スポンサードリンク

エディ
「さあ行くぞ!」

ムッタ「OK!」

二人、バギーを押して下り斜面に差し掛かると・・・

「よし!今だ!
乗りこめムッタ!」

エディとムッタ

一方、中継アンテナの修復に向かったフィリップとアンディ。

フィリップ
「そろそろ基地に帰れたかな、エディとムッタ。」

アンディ
「そうだな・・・
時間的にはもう帰っていい頃だ。」

フィリップ
「よーし到着。」

中継アンテナ

ムッタ達。

再び平らなところでバギーを押している。
(ブギーはけん引。)

汗だくのエディとムッタ。

ムッタ、水を飲む。

ムッタ

エディ
「はあはあ・・
ミッションを成功させるぞ。」

ムッタ
「了解!」

しばらく進み・・・

エディ
「はあはあ・・
見ろ・・ムッタ・・・はは・・
あったぞ・・・!」

第二の轍

エディ
「俺たちを救う・・・
第二の轍だ。」

ムッタ
「なんか・・・
今となっては笑える轍だね・・・
一直線に谷へ突っ込んでる・・
・・・・
エディ・・
ここに降りる役、やっぱり俺にやらせてくれねーかな。
どーしても見てみたいんだ。

ムッタ

–274話ここまで

次回 宇宙兄弟 275話へつづく

○感想

大変な試練の連続!

ムッタ、ちゃんと下りられるか?

洞窟に降りる時はこけてたけど・・・・

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑