ハイキュー!! 206話 報告

公開日: 

音駒、春高出場決定!!

スポンサードリンク

両校選手、並んで挨拶。
「あっした~!!」

監督同士も握手。

アリサの方に両手を広げて喜ぶリエーフ、アリサも同じポーズで喜んでいる

肩を貸してもらって歩いてきた夜久が黒尾と海と抱き合う

続いて芝山をガッチリ抱き、他の皆とも喜びを噛みしめる夜久

涙を浮かべるあかねとアリサ

大水監督の回想。

ハイキュー206話

そして今・・・

大水
「さあ 戻ってミーティングだ」

一同
「ハイ」


「・・・沼井さん」

沼井
「?」


「俺、最後完全に “打たされ” ました・・・すみません・・・」

沼井
「・・・あそこでブロックに掴まらずに打ち抜ける事自体凄え事だ・・・それによ潜、俺は
お前がちゃんと悔しそうな事になんか安心してる」

涙が溢れている潜

海と一緒に夜久に肩を貸して歩いている黒尾
「・・・少なくともこの試合中 多少マグレでもリエーフの持ち味が発揮される方が良い気がしてた
でもあいつはその上を行きやがったよ」

夜久
「お前ヘタクソには “ヘタクソ” って言ってやれよ 具体的にな!」


「いや~、自分がレシーブできなかった直後に “ブロックが悪い!修正しろ!” なんてなかなか言えないよ」

黒尾
「そうそう、夜っ久ん程レシーブに自信満々じゃないからね」

夜久
「? じゃあ自信満々になれよ」

黒尾
「ちょいちょい無茶言うよね」

体育館の端に移動した一同

そこに話し声が聞こえる

ハイキュー206話

そんなんじゃ次当たっても勝てないよ」

他校選手1
「・・・くそっ」

他校選手2
「おいどこ行く!?」

他校選手1
「・・・戻って練習すんだよ・・・!!」

廊下のベンチに1人で座っている大将
「・・・」

そこへ・・・声をかけてくる女の子
「おつかれ」

ハイキュー206話

ハイキュー206話

大将がみんなのところへ戻ると・・・

じと目で見てくる一同(3年生)

先島
「勝ち組ゆるさない」

大将に飛び掛かっていき、じゃれ合う・・・

笑いながらもその目には涙が浮かぶ・・・

スポンサードリンク

場面は決勝戦

井闥山のマッチポイント・・・

木兎
「レフトだレフト 絶対レフトォ!!」

鷲尾
「わかってる」

佐久早のアタックに3枚ブロックで対抗するが・・・

ストレートへのアタックは赤葦の腕を弾いていく

拳を握ってガッツポーズする佐久早

セットカウント井闥山2ー1梟谷で試合終了

観客
「やっぱ井闥山か~」

山本
「・・・でも1セットとってる 梟谷さすがだな」

研磨
「木兎サン絶好調だったしね 少なくとも準決終わった時点では」

木兎
「んガーッ!!覚えとけよ佐久早、今度・・・」

遮る赤葦
「木兎さん、終盤に3連続サーブミスは頂けません 修正していきましょう」

木兎
「赤葦!!タイミング!!タイミングだいじ!!」

場面は変わって日向の家

日向の携帯電話が鳴る


「お兄ちゃあーん ケータイ鳴ってる~」

ダッシュで現れる風呂上がりの日向

携帯を開くと・・・研磨からのメール
「春高行くよ」

日向
「~!!うオォオォ!!」

動き出す日向


「お兄ちゃんどこ行くの!?」

日向
「走ってくる!!」


「お母さぁーん、お兄ちゃんがぁー」


「なにバカ言ってんの!!イノシシ出るよ!!」

–206話ここまで

次回、ハイキュー!! 207話へつづく

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑