ワンピース 827話 トットランド

公開日: 

一行はついに”ナワバリ”へ

スポンサードリンク

兵達
「ほうほうほうそうでありましたか これは失礼、てっきり敵船かと。
・・・ではあの船(サニー号)は海賊から奪った船・・・♪
あ~っ!!もしや何か甘~い物が積んであるので?」

ペコムズ
「勿論だ」

兵達
「それはママがお喜びになりますね~」

ペコムズ
「サプライズなんだ・・・
あの船の事はママに報告するな」

兵達
「あ~っ!素敵ですねーうほほほっ~わっかりましたー
ペコムズ様小粋~っ」

ルフィとチョッパーはすでに町に行っている

ルフィ
「見ろチョッパー!!
色んな奴らがいるぞ!!」

チョッパー
「すっげ~!!」

ルフィ
「しかもレンガも家も・・・全部!!
チョコでできてるぞー!!」

チョッパー
「チョコの町~っ!!
夢みたいだーっ!!」

ルフィとチョッパー

場面は船上へ

ナミとキャロットは着替えている

ナミ
「わおかわいっ」

キャロット
「ナミ素敵~」

ナミとキャロット

ナミ
「どお?海賊に見える?ブルッ・・・」

ブルック
「え?」

ブルックは既に紅茶片手に寝そべって覗いている・・・

ナミ
「ふむわよ」

5発くらい踏まれているブルック・・・

ペコムズ
「ホールケーキアイランドまであと1日かかる 
食料を買い出して来い」

キャロット
「わかった!
でもペコムズ、ここには色んな人種がいるみたい!!
ミンク族もいるよ!
とってもワンダーランド」

ペコムズ
「それこそがママの夢なのさ!!
世界中の全種族が差別なく暮らせる国・・・!!」

ナミ
「え・・・!?」

ペコムズ
「いや・・・この世の “全て” だ!!
もはやここは “大国” だと思え
ホールケーキアイランドの周りには34の島が点在し、それらを34人の “大臣” 達が治めている・・・
その海域の総称をこう呼ぶ “万国(トットランド)” !!
ここは “チョコレート大臣” の治めるカカオ島 “ショコラタウン” !!
町は全てチョコでできてる」

キャロット
「おいしそ~♪
チョコレート大好き♪
食べていいの!?ペコムズー」

ペコムズ
「この町ではチョコは好きなだけ食っていいが屋根の “瓦チョコ” は法に触れる!!
凌げなくなるからな!!
窓ガラスは “キャンディー大臣”、柱は “ビスケット大臣” の管轄だ その他諸々チョコ以外は私物、または公共物になる」

キャロット
「よくわかんない」

ペコムズ
「休憩じゃねェんだ、すぐに戻れよガオ!!おれは顔が差すから船にいるがチョコは大好きだ!!土産を頼む!!」

キャロット
「はーい」

ペコムズ
「おい麦わら!!行くならぐずぐずしてねェでお前らも変装を・・・」

ナミ
「ルフィ達ならもう町へ行ったわよ?」

ペコムズ
「えェ!?おい!!お前らをおれが連れて来たとバレたらおれァどうなると思う!?慎重に動け!!」

ニコッと笑うナミ
「大丈夫よ、場所ならすぐわかるから」

ペコムズ
「?」

町から聞こえる騒がしい声
「 “カフェ食い事件” だー!!」

ナミ
「あっちね」

ペコムズ
「フザけんな!!」

動けないほど丸々太っているルフィとチョッパー

チョコポリス
「壁のチョコなら後で足せるからいいものを!!カフェがなくなってしまったじゃないか!!

お前達が手を出したものは!!キャンディマシュマロ、それにアーモンド!!ジェリービーンズ!!」

ルフィ
「げふ」

チョコポリス
「これは犯罪 “器物摂食罪” だ!!取り調べる!!署まで出頭願おうか!!」

ルフィ
「でもよおっさん、これには深い理由が・・・」

チョコポリス
「ほう・・・言ってみろ!!」

2人
「うますぎた!!」

チョコポリス
「よーしそうきたかアホ共!!連行だ!!」

剣に手をかけるペドロ
「マズイ!!逮捕されるぞ」

ブルック
「乱闘はダメですよ、ペドロさん」

そこに絨毯に乗って誰かがやってくる
「待って!!チョコポリスさん」

チョコポリス
「ん?は・・・これは・・・オーナー!!ご覧下さい!!あなたの店が・・・!!」

ルフィ
「ジュータンが飛んでぶ!!」

オーナー
「まあ!!何て事っ!!」

ブルック
「更にピンチ!!店のオーナーさんが!!」

オーナー
「こんなに “残して” !!約束が違うじゃないの!!もう!!」

チョコポリス
「ん?」

小声で喋るルフィとチョッパー

ルフィ
「ん?おい・・・知り合いか?」

チョッパー
「いや知らねェ誰だ?あと肩の奴何だ?」

オーナー
「ここの・・・
ジャムとビスケットとチョコのハーモニーが自信作なのに!!
さ!食べて~」

オーナー

2人の口に入れるオーナー
「おいしい?」

んめェエェェエェェ・・・と言って後ろに倒れる2人

チョコポリス
「はっ!!それは失礼!!賞味期限による解体業者でしたかっ!!」

オーナー
「ええ、私がお願いしたの!」

ルフィ
「・・・」

チョコポリス
「困るよ君達!作業中の看板を出しといてくれなきゃ、お客もまだいたしねェ それでは本官これにて!!」

オーナー
「ええ、ご苦労様!!皆さんもお騒がせしてごめんなさい!!」

町人達
「何だ、事件じゃないのか」

オーナーに言うチョコポリス
「あ・・・そうそう、この度のご結婚 おめでとうございますプリン様!
式も近いのに店回りとは勤労も程々に・・・皆あなたの幸せを願っていますよっ!!」

赤面するプリン
「ありがとう。」

キャロット
「救われたみたいルフィ達」

ナミ
「誰あの優しい子・・・」

ペドロ
「運が強いな」

ブルック
「ヨホホ それも未来の海賊王の実力です!!」

その時、ミンクの町人が声をかけてくる
「あれ?キャプテン・ペドロ!!お懐かしいっ!!なぜここに!!」

そのミンクの口を押さえて小声で言うペドロ
「観光だ、他言するな」

ミンク
「は・・・はい お会いできて光栄ですっ!!」

ナミ
「この町に知り合い!?ペドロ」

ペドロ
「・・・後で話す・・・」

スポンサードリンク

一行はプリンの家にお呼ばれしていた

食べ続けているルフィ
「いやー・・・プリンって言うのか名前 ありがとう助かったよ!!」

プリン
「いえそんなそんな!!お礼を言うのは私の方よ!!」

ルフィ
「何で!?」

プリン
「い・・・言ってくれたじゃない!! “うますぎた” って。キャー♪」

そう言って赤らめた顔を手で覆うプリン
「あ・・・あのお店のチョコは・・・!!
私が新しく考えた調合でねっ!口溶けどうだった?

ココアバターに高純度のてん菜糖の甘みにミルクを加えて29℃で3日3晩練ったのよ!!
おいしいって言ってくれて私泣きそうなのホント!!」

ブルック
「な!!
なんっっっっていい娘!!」

ルフィ
「チョコ作るの好きなのかー!!」

机をかじっているチョッパー
「おれは甘いもの好きだぞー♪
ここは町中チョコの香りで天国だな 机もチョコだ」

プリン
「うふふよかった~」

ナミ
「・・・本当はゆっくりお礼言いたいんだけどプリン 
私達用があって」

プリン
「そう?残念・・・
じゃあ紅茶一杯だけいかが?
お口の中が甘いでしょ?
お名前まだ聞いてなかったわね。」

ルフィ
「おれルフィだ 海賊王にな・・・」

慌ててルフィの口を押さえるナミ
「ちょっとっ!!」

プリン
「・・・え!?」

場面はホールケーキアイランド

ビッグマム
「あと何日だい!?」

音楽隊に加え、花や家具や色んな物も一緒に歌っている


「 “お茶会” までは~♪」
「3日です!!ママ!!」

ビッグマム
「そうかい♪ ジェルマのせがれはどうだい?」


「着いてます!!ママ!!」

「結婚式だよっ!!」

「ケッコン♪ ケッコン♪」

ビッグマム
「ケーキはどうだい!?
ウエディングケーキ♪」


「ケッコン♪ ケッコン♪
ウエディングケーキ♪」

「デザイン!?」

「OK♪」

「予算は?」

「ケチるな♪」

「素材は?」

「厳選♪ ころして奪えー♪」

「卵♪」

「小麦粉♪」

「確保」

「フルーツ♪」

「確保」

どこかの国から食材を奪っている部下達

「味は?」

「任せろォ!!」

「おいしいケーキを食ーべーよー♪ 甘ーい取り引き♪」

「 “地獄の” お茶会!!」

「イチゴのジャムかな?」

「誰の “血” かな♪」

ビッグマム
「構やァしないよどっちでも!!」


「招かれたなら必ず来い!!
甘ーいひととき悪魔のいけにえ♪
ここはみんなの夢の国♪
あらゆる人種が集う国ィ~イ!!
イ~・・・ッ♪ ”万国(トットランド)” ♪」

トットランド

ビッグマム
「ん待ちどおしいね~♪ ”来てる” んだって~♪」


「来てるんです~」

よだれを垂らすビッグマム
「ハーハハハハ・・・♪ 
ム・ギ・ワ・ラァ~・・・♪」

–827話ここまで

次回 ワンピース 828話へつづく

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑