DAYS 153話 仲間の証明

公開日: 

前半は2対1、聖蹟リード!
残り40分、勝負の後半戦突入!!

スポンサードリンク

聖蹟の円陣
「聖蹟ファイ!」
「オオ!!」

観客
「一星逆転だ!!」
「頼むぞ相庭!!」
「取り返せ!取り返せ!」

「後半は聖蹟ボールからだ!!」
「大柴もう1点だ!!」

大柴
「柄本。
監督はああは言ったが、お前がどれだけ走ったかは問題ではない。
こいつらはこのまま逃げ切れる相手ではない。
点を獲るぞ。」

つくし
「ハイ。」

実況
「さあ前半は2対1、予想通りの打ち合いとなりましたが、後半両チームがどのように動いてくるか注目ですね」

さゆり

各選手のポジションに付く。


「DFライン上げろ!!コンパクトさ保てよ!!」

水樹
(なるほど、FWでもそうやって声を掛けるのか。
てっきり後ろの奴がやるものだと思っていた。)

知念
「前から行くぞ!」

一星応援団
「未蘭!決めてくれー!!」

新納
(風間~)

水樹


「良いチームだな、聖蹟は」

水樹
「ん?」


「羨ましいよ」

水樹
「え?」

試合開始の笛が鳴る。

キックオフは聖蹟(つくし)

実況
「運命の後半戦!!キックオフ!!」

つくしは風間に出す。が・・・


「あっ!!」

鎌田
「緩い」

つくし
「しまっ・・・」

相庭が獲りに来る!

相庭

つくし
「ごめ・・・」

大柴
「バカが!!」

観客
「相庭だ!!
すごいプレッシャーだ!!」

実況
「奪って一星チャンス!!」

臼井

「聖蹟クリアー!!相庭の突破を阻止!!」

つくし
「臼井先輩!!」

観客
「いいぞ臼井!!」
「相庭はムリだ!!マークが厳しい!!」

実況
「臼井、相庭を自由にさせない!!」

相庭
「ちっ、いつまでついて回るつもりだよ」

臼井
「さあ、とりあえず地獄までついて行ってみようか」

相庭
(冗談じゃねえ)

神村がボールをキープ。

相庭が声をかけるが、

神村、
(お前は特別なんだよ。)

相庭「オイ。」

神村
(そうだろ、知念・奥。)

神村は相庭ではなく、右サイドへボールを出す。

風間
「右!?」

神村
「いつまでも相庭に頼ってばかりはいられないんでね」

観客
「知念だ!!」

早瀬
「やらせっかよ!!」

知念はワントラップでプレスに来た早瀬をかわして前に出る。


「よし!行け知念!!」

奥の回想。

正直相庭がうちに来たのには驚いた

相庭
「相庭ッス、っしくっス」

南部監督
「ワハハ、今年の新人の目玉だ、全国狙うぞ」

相庭

奥はサイドを駆け上がる知念を見る。

新戸部
「ファー離すな!!センタリング来んぞ!!」

臼井
「相庭OK!!
君下、神村を見とけ!!」

スポンサードリンク


(悔しいが、聖蹟はバランスが取れた良いチームだ。
一つの方向にまとまっていて、誰一人、孤独ではない)
「俺に来い!!」

奥がマークを外してペナルティーエリアに!

来栖
「奥か、相庭か」

実況
「ニアサイドでマークを外してフリーの奥だ!!」

つくし母・さゆり
「危ない!!」

奥が知念のセンタリングに合わせて飛ぶ。

今帰仁

観客
「うおお、奥高え!!」

実況
「迫力ある飛び込み!!
しかしGKなんとか触る!!」

観客
「危ねー!!GK細いから当たり負けするんじゃねえの」


「弱々しい、大丈夫かあれ・・・」

相庭「ちっ」


(相庭はずっと一人だった。
そのプレースタイルを見ればわかる。
圧倒的な個人技で道を開いてきた。
おそらく小・中とずっとそうだったろう。
だから一星に入り、インハイの初戦で敗れた時、お前は大きく失望したに違いない。
ここにも俺についてこれる奴はいないのかと)

今帰仁が弾いたボールにつくしが向かう。

「拾え、柄本!!」

実況
「セカンドボール!!」

このボールは神村が拾う。

つくし
「あ」

神村
「こっちが本職なもんでね」

実況
「一度落としてサイドの新納へ!!」

新戸部

来栖
「新戸部負けんな!!」

白鳥
「頑張れ!!」

新戸部
(くっそ、臼井先輩はこんなのとやってたのかよ)

ボールを受けた新納がゴールエリア手前からライナー性のボールを上げる。

新納
「これならどうかな」


(俺たちにはきっと、一生わからないだろう)

観客
「シュート性のクロス・・・!!」

このボールを奥はバチッと弾いて頭上に上げる。

トラップミス・・・

新戸部
(よし)

臼井
「だめだ、詰めろ!!」


(たとえ幻想でもお前は俺たちの仲間だ)

奥がオーバーヘッドの体勢に!

新戸部
(オーバーヘッド・・・しまっ・・・)


(この試合でそれを証明する!!)

奥と今帰仁

–153話ここまで

次回 DAYS 154話へつづく

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑