ワールドトリガー 145話 香取隊長突撃

公開日: 

ランク戦は大詰めへ・・・

ユーマと修に激しい銃撃を浴びせる香取。
無難にシールドでガードしていく2人。

スポンサードリンク

実況
「香取隊長の激しい銃撃!
玉狛サイドはやや退がって対応か?」

出水
「香取ちゃん ちょっと “かかり気味”だな」

桜子
「・・・と言うと?」

時枝
「玉狛はトリオン切れを待つつもりかもしれない
香取隊長もダメージはかなり大きいですからね」

桜子
「なるほど・・・!
どこまでも徹底した玉狛の戦いぶり!
しかし一方・・・
照屋隊員は障害物を縫って 少しずつ雨取隊員に近づいている!」

時枝
「雨取隊員はあくまで迎え撃つつもりですね」

出水
「強気だな」

桜子
「盾の効かないレッドバレット狙撃!
それだけ自信があるということか!」

とそこで建物の影から飛び出していく照屋。

桜子
「!
照屋隊員が出た!
雨取隊員までもう隠れ場所はない!
純粋に反射と技術の勝負になります!
雨取隊員まだ撃たない!
引きつけて一発を狙うか!?! 」

建物の上を飛び上がる照屋。
その瞬間を狙って千佳が狙撃。

桜子
「撃った!! 」

時枝
(空中に出る一瞬を狙って・・・!)

出水
(照屋ちゃんにグラスホッパーはない)

(当たるぞ)

照屋に向かっていくレッドバレット。
しかし

照屋

照屋

千佳
「!」

桜子
「これは・・・建物の破片で防御!?
盾で防げなくてもこの手があったか!
この距離は照屋隊員の距離だ! 」

もはや千佳の目前にまで迫っていた照屋。
しかしそこで千佳はライフルを消してしまう。

照屋
(武器を解除・・・・・・!?)

雨取
「・・・・・・追尾弾(ハウンド)!」

化け物じみたハウンドが出現。
それを一気に照屋へと放っていく。

全身のあちこちに鉛弾を食らい、まったく身動きが取れなくなる照屋。

照屋

桜子
「レッドバレットの追尾弾!?
照屋隊員が捕えられ・・・・・・」

悔し紛れに、わずかに動く右腕で銃撃していく照屋。
難なくシールドで防ごうとした千佳の上下左右から、なぜか射撃が襲い掛かっていく。

千佳
「!」

千佳

まともにくらった千佳は一発ベイルアウト。

桜子
「あーっと!! ここで雨取隊員が落とされた!
照屋隊員技ありの時間差包囲射撃! 」

時枝
「まわりに壁がないからできた大技ですね」

照屋
「・・・・・・ベイルアウト!」

桜子
「ここで照屋隊員も自発的にベイルアウト!」

時枝
「残っていても落とされるだけなので妥当な判断です」

桜子
「・・・しかし雨取隊員はイーグレットのかわりに こんな隠し玉を装備していたんですね! 」

時枝
「全然気づきませんでしたね」

出水
(気付いてたなこいつ・・・・・・)

スポンサードリンク

桜子
「柿崎隊は1点獲って全員退場
空閑隊員のダメージ次第では2点目もあるかと言ったところ」

今現在の得点:
玉狛第二4点
香取隊0点
柿崎隊1点

オペ室の千佳
「・・・・・・ごめんなさい 落とされちゃった」


「いや充分だ よくやった千佳」

ユーマ
「あとはこっちだけだな」

染井
「スナイパーは照屋さんに落とされた
照屋さんは自分でベイルアウトしたみたい」

香取
(アタシが残りの二人を落とせば 生存点込みで玉狛と得点が並ぶ
勝ちの目はもうないけど まだこいつらには”負けてない”
手足はちょん切れてるし もうトリオンはほとんどない
けど 準備は整った
小さい方は”落ちかけ”だし 真面目メガネは寄れば倒せる
一人ずつ落とす!
この一瞬が・・・・・・
勝負!!)

片足でユーマに突っ込んでいく香取。

桜子
「香取隊長突撃! 」

出水
「空閑狙いか」

だが飛び出した香取はワイヤーを掴むと急に方向転換して修のほうへ。

香取


「!?」

出水と時枝
「!! 」

一瞬で首を刈られる修。


(しまった・・・!
赤いワイヤーを・・・・・・!)

修がベイルアウト。

桜子
「香取隊長もワイヤーを使って攻撃・・・!? 」

出水
「たしかに赤いワイヤーは香取ちゃんからも”よく見えるワイヤー”だからな。」

時枝
「さっき銃撃ついでに邪魔なワイヤーを切ってたみたいですね」

驚きの表情の出水
(とはいえ いきなりやってできるか? 普通)

桜子
「三雲隊長が落とされた!
香取隊長と空閑隊員の一騎討ち! 」

時枝
「香取隊長もワイヤーを利用できるならこれは・・・・・・」

出水
「・・・・・・いや」

香取(あと一人!!)

出水
「メガネくんはタダじゃ落ちねーよ」

ガギっとワイヤーに引っかかる香取。

香取
「!?」

香取

桜子
「ワイヤー!? 」

香取
「あのメガネ・・・・・・!!」

実は落とされる直前に新しくワイヤーを張っていた修。

動きの止まった香取をユーマが冷静に仕留めていく。

ユーマ

胸を貫かれる香取。

「トリオン供給機関破損 ベイルアウト 」

・・・決着!!

最終得点:
三雲隊7(生存点2)
香取隊1
柿崎隊1

–145話ここまで

次回 ワールドトリガー 146話へつづく

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑