ワンピース 828話 1と2

公開日: 

カカオ島
ショコラタウン

ルフィ
「え~っ!?
サンジと結婚するビッグ・マムの娘ってお前なのか!?
プリン!!」

ブルック
「羨ましい~!!美しすぎる妻~っ!!」

スポンサードリンク

プリン
「サンジさんの仲間!?
ウソでしょ・・・!?・・・
でもよく見たら見た事ある顔 “麦わらのルフィ” !!
ママの傘下にも入ってないあなた達がどうやってタルトの検問を通過したの!?
なぜここへ来たの!?
こ・・・ころされちゃうわよ!?
ここはもうママのナワバリで・・・
ママはとても恐い海賊!!
でも知ってる!!
あなた達も恐い海賊!!」

プリンは包丁を突きつける

ナミ
「待って!落ちついて!!
乱暴しないから!!」

プリン

落ちついて話をする一同

プリン
「・・・そう サンジさんを・・・
連れ戻しにきたの 
やっぱり合意じゃなかったんだ・・・
ママは身勝手だから・・・
私達子供の結婚も、海賊団の強化の為に利用するの 
私達は自由な結婚なんて諦めてる 
諦めるか逃げるしかない
私の大好きだった姉さんも自由な恋愛を求めて海へ飛び出したわ 
求婚の旅へ!!」

ナミ
「・・・!?」

ブルック
「ちょっと興味で聞くんですが・・・
あなたはシャーロット家の “三十五女” とありました 
ビッグ・マムには娘さんが35人も!?」

プリン
「ええ、娘39人・息子46人 私達は85人兄弟よ!」

プリン

一同
「!?」

プリン
「父親はバラバラ ママの夫は43人いて129人家族」

またまた驚く一同
「ひゃ・・・129人!?」

プリン
「兄や姉達にはもう子供がいる人達もいるから、ママのけつ縁と言えばもっと大所帯 
ビッグ・マム海賊団は本物の家族を中心に構成されてるの!」

ルフィ
「ひゃー」

ブルック
「なんと・・・まさにビッグ・マム!!」

チョッパー
「・・・それでサンジにはもう会ったのか?」

プリン
「・・・!!
え・・・え・・・ええ1度。

プリン

ルフィ
「だろーお前ェ~!!」

チョッパー
「 “黒足” ってそういう意味じゃねェぞ」

ルフィ
「わかってんなー!!あいついい奴なんだよー!!」

ナミ
「もしかしてサンジ君の事好きになっちゃった?」

赤面してもじもじするプリン
「す!!す!!すきって言うかそのだって・・・!!
ママの決定は絶対だし 結婚するんならやっぱりその・・・」

プリン

ガビィーン・・・としているブルック
「これは想定外中の想定外っ!!
こうも素敵な娘さんがお相手だなんて・・・!!
そりゃサンジさんの目もハートですよ!!」

ペドロ
「縛りつけておくべきだ、その女 
おれ達がここにいる事を喋るぞ!
こんな入口の島で情報が漏れたらサンジのいる場所へなんて到底辿りつけない・・・!!」

ナミ
「何ひどい事言ってんのよペドロ!!」

ペドロ
「・・・じゃあどうやって口を塞ぐ 
忘れるな、そいつはビッグ・マムの娘だぞ!!」

ナミ
「そうだけど!!
プリンだって母親が恐いって言ってるのに」

ペドロ
「だからこそ報告する」

プリン
「・・・」

ペンを取り出して何か書き始めるプリン
「私!今ならまだ忘れられる!サンジさんのこと・・・
“万国” のみんなは私の結婚を祝福してくれてる、ヴィンスモーク家の人達もそう
ママもウエディングケーキを楽しみに・・・!!
ママの命令には逆らえないから自由な結婚はできないけど・・・
私は子供の頃から楽しみにしてた 
私の結婚相手はどんな人だろうって・・・」

ナミ
「・・・」

プリン
「・・・そしたらサンジさんが現れた!!
夢かと思うほど素敵な人で驚いた・・・
でも彼は最後に 実はこう言ったの
“キミと結婚したいけどそれはできないんだ 
おれは仲間達の元へ帰りたい” 」

一同

涙目のルフィ
「でも・・・!!そうか・・・やっぱりあいづ冒険しでェんだ・・・」

プリン
「それは一方的な気持ちじゃなくて・・・!!
あなた達も現に命をかけてこの万国に彼を迎えに来た!!
いくらママの決定でも結婚を後悔してる人と一緒にいるのは私もツラい!!
あなた達から彼は奪えない
このルートを通って来て 
・・・これは私達兄弟しか知らない、ママの目を盗める唯一の航路」

ルフィ
「サンジの居場所か!?」

プリン
「ママは絶対にサンジさんを逃がさない・・・ 

プリン

ナミ
「いいの!?
ビッグ・マムから罰を受けない!?」

スポンサードリンク

プリン
「実の娘よ、私の心配はいらないわ 
ここは適地、自分達の身を心配して! 
相思相愛はあなた達だもんね!
・・・ちょっと残念だけど 次に現れれる私の結婚相手は・・・
もっと素敵な人かも知れない。」

ブルック、涙を流しながら
「ど!!どこまでいい娘!!
これが本当に “四皇” の娘!?」

その時、ノック音がする


「プリン様!!
お迎えに上がりました!!
もう結婚式まではお仕事はお控え下さい!
プリン様!!」

裏口から逃がしたルフィ達にウインクするプリン

注文しておいた食糧はすでに用意されており、持って帰るルフィ達。

その道中で

ルフィ
「チョコバーガー!?」

ルフィを引っ張るナミ
「目移りしないの 急ぐわよ、ペコムズが待ってる」

ルフィ
「チョコバーガー買ってくれナミ~」

チョッパーはチョコパスタに目を奪われている・・・

ナミ
「食糧はもう充分!!」

ペドロ
「チョコの唐揚げ・・・」

サニー号に到着した一同

しかしそこにペコムズの姿はない・・・

ブルック
「おかしいですね・・・」

チョッパー
「おーい!!トイレにメッセージが!!」

そこには “ひきかえせ” の文字

ルフィ
「これペコムズが書いたのか?」

ナミ
「他に誰がいるの!?」

キャロット
「侵入者かな・・・」

チョッパー
「ペコムズは誘拐されたのかな!?」

ペドロ
「我々の事がバレた可能性もあるぞ・・・」

ブルック
「何にせよただならぬ事態・・・!!」

ルフィ
「引き返せって事は引き返さなきゃ何か起きるぞ って事だ」

ナミ
「うん」

ルフィ
「よし!みんなそれをしっかり覚えとけ! 進むぞ!!面白くなってきた!!」

謎の男

部下が間に入って銃撃から守る

銃撃を浴びて倒れる部下

1男
「4時間もかかった 
弟の結婚式に行かなきゃならない 
お前の家族には興味がない 
お前達の戦争にも・・・」

兵の前に行き、こちらに向けていた銃を兵に向けて放つ1男

城で報酬を受け取っているマントに2と書かれた男

国王らしき人
「ありがとう・・・国は救われた 
我々は悪魔の手を借りたのか・・・?
いや違う・・・神の手だ!!」

喜ぶ国民達
「戦争は終わった!!
ありがとうジェルマ!!」
「ジェルマ66、万歳~!!」

2男
「・・・式は3日後だぞ」

1男
「2日あればホールケーキアイランドへ着けます サンジはどうなりました?」

2男
「もう着いてる」

1男
「それは楽しみ 早く会いたいねェ・・・」

サンジの兄弟

–828話ここまで

次回 ワンピース 829話へつづく

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑