僕のヒーローアカデミア 94話 師弟のメッセージ

公開日: 

オールマイトの拳がオールフォーワンの顔面を捕らえた!

スポンサードリンク

グラントリノの言葉

“正面からはまず有効打にならん 虚をつくしかねえ”

を思い出すオールマイト

グラントリノ
( 最後の一振り(右のパワー)を左に移した!!
右を囮に・・・だが・・・!! )」

オールフォーワン
「浅い」

そう言ってすぐさま左腕を膨らますオールフォーワン

オールマイトは左腕から再び右腕に力を戻す
「そりゃ腰が 入ってなかったからな!!」

オールフォーワン
「!」

顔面を思いっきり殴るオールマイト
(さらばだ オールフォーワン
さらばだ 

オールフォーワン

さらばだ

オールマイト

ワンフォーオール

周囲に強烈な衝撃が走る!!

土煙が晴れていく・・・

オールフォーワン

全員が息を飲んでその光景を見ている・・・

よろめきながら左腕を上げるオールマイト

グラントリノ
「・・・!!(ああ・・・)」

そして全身マッスルフォームになって拳を突き上げる

国民達が叫ぶ
「オールマイトォ!!」

報道
「ヴィランは・・・動かず!!
勝利!!オールマイト!!
勝利の!!スタンディングです!!」

またよろめくオールマイト

駆け寄ろうとするエッジショット
「な・・・!今は無理せずに・・・」

グラントリノ
「させて・・・やってくれ」

「この国には今 “柱” がいないんだって だから自分がその “柱” になるんだって」

志村から聞いたオールマイトの考え・・・そして昔の事が思い浮かぶグラントリノ

グラントリノ
「・・・仕事中だ 」
(平和の象徴・・・ No.1ヒーローとして最後の・・・)

オールマイト

ヒーロー達や警察等によって救助活動が進む・・・

スポンサードリンク

報道
「オールマイトの交戦中もヒーローによる救助活動が続けられておりましたが し傷者はかなりの数になると予想されます・・・!!
元凶となったヴィランは今・・・あっ、今!!移動牢(メイデン)に入れられようとしています!オールマイトらによる厳戒態勢の中、今・・・!」

その時、オールマイトがカメラに向けて指を差す

街にいるデク達

飯田
「身動きがとれんな・・・轟くん、八百万くんらと合流したいが・・・」

切島
「とりあえず動こうぜ 爆豪のこと、ヒーロー達に報告しなきゃいけねーだろ」

デク
「ん・・・」

オールマイト
「次は

デク

君(デク)だ。」

その言葉に沸き上がる国民
「オールマイト・・・
やっぱすげえよあんた・・・!!」
「おお・・・おおお!!」

デク
(短く発信されたメッセージ それは一見、まだ見ぬ犯罪者への警鐘 平和の象徴の折れない姿・・・
僕には真逆のメッセージ

デク

溢れてくる涙を止めれないデク

その様子を見ている爆豪・・・

そして翌日・・・

オールフォーワンは・・・事の大きさから特例中の特例として刑の確定を待たず、特殊拘置所へと入れられた

拘束され、車椅子に乗せられて運ばれるオールフォーワン
「・・・ここは?」

看守
「黙っていろ!!見ればわかるだろう!!し刑すら生温い程の罪人が行き着く場所だ!!」

オールフォーワン
「ああ・・・監獄なのか・・・ “わからなかった” ここは・・・センサーが多すぎて・・・」

看守
「・・・? 何を言っている 貴様・・・眼が視えてないとでも言うのか?」

オールフォーワン
「布ずれの音や空気のわずかな震動に加え、”赤外線” という個性で微かながらに “感知” して6年間過ごしてきた
“音・震動” で動作を・・・ “感知” で感情の動きや空間把握を補助しているんだ 
ここはセンサーだらけで感知が意味を成さない・・・悪いね」

看守
「嘘だ・・・そんな状態で・・・オールマイトと戦っていたと・・・!?)

その特殊拘置所には・・・ステインの姿も・・・

オールフォーワン
(負けたよオールマイト 実に醜い足掻きだった
しかし君は間違えたよ 戦いの果て、弟子に寄りそう道を望んだ
君は “離れ時” を見誤った しに時を失った
先生というのは 弟子を一人立ちさせる為にいる
頼りにしてきた師が手の届かぬ場所へ去り、彼は憎悪を募らせる 彼は真に先頭を歩んでいく
仲間もいる 仲間を増やす術も学んでいる
大丈夫だ し柄木弔
経験も 憎悪も 悔恨も 全てを糧としろ
次は 君だ)

オールマイト

–94話ここまで

次回 僕のヒーローアカデミア 95話へつづく

スポンサードリンク

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑